どうも佐々木です。

うつ病闘病記は本当に久しぶりの更新になります。私事ですが、うつ病と診断され一年弱が経過しました。約10カ月ほどですね。実はここ数カ月は環境が目まぐるしく変わったというのもあり、本当に全く記事が書けませんでした。人生色々あるものですが、こんなにドタバタするのかというくらいドタバタしていました。さて、こんな話はこのくらいにして、闘病の様子を書いていきますね。

今回は薬をやめたというお話。


ここ三カ月ほどでしょうか、実はよく眠れています。目覚ましでも起きられるようになりましたし、夜はちゃんと眠れるようになりました。もちろんいまだに眠りの深い浅いはあるので、やはりそうそう完治するものではなくて、これからもこの症状とは付き合っていくことになりそうです。

本題に入りましょう。
実は睡眠薬及び抗うつ剤と抗不安薬をある時期から一切ストップしてみました。病院にも行っていません。どうしてもダメなときは残りの抗不安薬を飲む!という感じで、とにかく薬を飲まないような習慣を作りました。最初はとてもつらかったです。急に不安に襲われますし、どうしても眠れないことがしょっちゅうありました。もしかしたらこの記事を読んでくださっている方の中にもそういう試みをした方がいらっしゃるかもしれません。やっぱりどうしてもダメな時ってあるので、そういう時は無理せず薬を飲みましょう。症状が悪化しては元も子もありませんので。

と、そんな感じでしたが、このままでは何も変わらないとうすうす感づいてきた僕は、薬を飲まないかわりに自分にとあるルールを課しました。それは

 ①言いたいことはどんなに間違っていようと言う
 ②もしも朝起きれなかったら仕事にいかない
 ③自炊を日課にする
 ④逃げる

大きく言うとこの三つです。あえて薬を飲まないというのはルールに含んでいません。なぜなら薬を飲んでいるということは緊急事態だからです。緊急事態はルール外です。危なくなったら即座にルールを破ってください。自分の命以上に大切な決まり事などありません。

話を戻します。
①に関してはこれ正直個人の性格の問題もあるので、少しづつ練習していってください。コツとしては質問形式にすることだと思いました。間違っていたとしてちゃんと教えてくれない人と一緒に何かをする必要はありません。自分の身を守りましょう。

②はこれは明日からでもできます。怯えずに、まあいいかくらいの気持ちで思いっきり嘘ついてください。もしもあなたがいなければ回らない職場であればオペレーションがおかしいです。とっとと辞めましょう。そこで働くより自分の要望をフルにつめ込んで絞り込んだ派遣社員の求人情報をみているほうがはるかに生産性が高いです。

③自炊を日課にする、、、ですが、めんどくさい日はやらなくていいです。基本このルールはめちゃくちゃ緩くしてください。僕もめんどくさい日はやりません。気が乗ったときにご飯を10合くらい炊いて冷凍しておきましょう。2週間は持つはずです。作り置きのおかずとか覚えるとちょっとずつ楽しくなっていきますし、もしかしたらモテます!

④逃げる
問答無用です。危なかったら逃げてください。早退してください。休んでください。寝てください。一日くらい休んだりしたところで何も起こりませんし、大丈夫です。ついでにカフェとかいってコーヒーでも飲みましょう。おだやかに過ごすためには逃げることも必要です。


今回のルールの運用に関しては、気を付けることが一つ。
必ず自分の身を守ってください。それ以外は取るに足らないことです。薬の代わりになるものを見つけるためにはあきらめないことも重要になりますが、それにしても自分がボロボロになっては仕方がないので、がんばるのをやめてください。まずはそこから。
もしも自分なりのルールがあれば、それを実行してください。おそらく自分の症状は自分が一番よくわかると思うので、それがベストになります。

どうしてこの考えに至ったかというと、この症状と一生付き合う必要があるなら思考を変える必要があると思ったからです。

「どうして自分だけが不幸なんだろう」
「自分はいない方が良い」

こういう思考にとりつかれてしまうと、やはり他人の不幸を望むようになってしまうので、、、
僕は幸せな方が良いなとおもって、思考を変えるようにしました。その最初の一歩が自分の症状を知ること、どうやってこの病気と付き合っていくかということ。これを考えることでした。

そうやって行くうちにだんだんと自分の幸せが定義出来てきた気がします。
自分がどうなりたかったのかとか、自分がどう生きたかったのかとか。

とりあえず今は、少しづつ前向きに落ち込んでいこうと思っています。
足踏みするのはもういいかなと。
いまだに色々と症状は改善されていませんが、少しでも自分の世界を生きやすくしていこうと思います。人にどうにかしてもらうより、そうして努力していった方が早いと思いました。悲劇のヒロインはとても気持ちいいけど、、、あれは最後に幸せになるから安心して見ていられるんだよなあと思って。そんな感じでした。


さて今回はここまで。
少しづつブログも復調していきますので、よろしくお願いします!

ではまた、、、