遊んで生きる。気楽に生きる。
どうも佐々木です(^^)/

11月はとにかく曲を作ることに専念しました。
毎日の課題としてトラックメイクとピアノ即興をSoundCloudにアップしていくという作業を三週間ほど続けてみました。曲を作ることが日常になれば効率が上がるのかを試してみたのですが、これは効果絶大です。もちろん曲にもよるので一概には言えませんが、作業時間としては三分の一から半分ほどに短縮できました。継続することの重要性を肌で感じることができました。

以下、本日のメニュー

  • 毎日曲を作った
  • ビストロ佐々木の今後
  • アーティストとしての今後
  • 新企画スタート


毎日曲を作った

簡単なようでいて難しいこの作業。コツとしては

 1、書き捨てでも良しとする
 2、目標を「作ること」に設定する
 3、何でもいいから作る

この3点ですかね、、、


目的としては書きためた曲をまとめて〇〇集として音源リリースする予定です。
売れるか売れないかは別にして、僕なりのストックの作り方を実践した、という形ですかね。

これからもこのパターンは実践していこうと思います。


まあ待っていても何も始まらないので、、、


まずは何が起こるのか。そこから始まると思っています。



ビストロ佐々木の今後

これねー、結構聞かれます。
実はまだ言えないだけで結構色々企画があったり出張のお話はもらっています。


といっても動画も作りたいので、、、うーん!


うれしい悲鳴



もしかしたらライブハウスだけでなく多様なところでやっていく可能性も出てきましたので、僕自身ビストロ佐々木がどうなっていくのかは期待しています。


でも、基本は動画!


ここはぶれずにやっていこうと思います。





アーティストとしての今後

今後はより多作な方向に向かっていくと思います。
あと、よりいろいろなイベントに首突っ込んでいってタレント的な活動も増えるかなと思います。


もしかしたらライブハウスでの活動は本格的に少なくなるかもしれませんね、、、
バンドのほうはイベントなのでどんどん本数は増えるんですけど、、、


ちょっとした転換期かもしれません。
ともかく曲はたくさん作るのでより作曲のほうに比重を置くことになると思いますし、以前から言っているようにグランドピアノがある場所での活動を多くしていこうと思っていますので、そこらへんも実験していければいいなあと思っています。



新企画スタート



動画企画ですが新企画がスタートしました。
今回の佐々木はタレントとして出演する感じですね。完全にしゃべっています(笑)
実は僕発信ではないのでまだ情報が下りてきていません(笑)わかり次第Twitterなどで情報公開していきます。

今回は相方もいますので、いつものひとり生放送よりもかなりギャグ要素が多いものになりそうです。
先日ロケも終わってあとはジングル作ったりとか色々あるんですが、、、今回は僕が楽しかったので、もうそれだけでよかったです、、、



まとめ



11月はかなりいろんなことが動き始めました。実は来年のスケジュールも埋まり始めています。正直めちゃくちゃ楽しみです。来年は年間100曲の目標もありますし、相当活動的に動いていく予定です。いろんなことをやっていきますので、皆さんの参考になればいいなあと思います。




では、今回はこの辺で
またの機会に、、、



どうも佐々木です(^^)/


えー、記事が暗いもので努めて明るくいこうと思います(笑)
最近は気持ちの浮き沈みが落ち着いてきて、やっぱり季節的なものもあるなあと感じました。
とは言っても睡眠をしっかりとっておけばメンタル的にも快調または安定することが多いので、どういう状況にあっても睡眠時間だけはとにかく確保することが重要になってくるなあと再確認しています。


僕はどうにも人と話すことをしないといけないようで、


まあ、ただの寂しがり屋なんですけど


ともかく、個人的には活動的な方が調子がいいです。
在宅で制作の仕事も好きなんですが、外に出て気分転換するのが僕にとっては重要な精神活動のようです。




もちろん人によってはそういうふうにできない、なんてこともあると思います。
無理をする必要はないんです。その人に合った病気との付き合い方を見つけていく方が最も大事なことで、問題はそれを見つけるための精神状況になっていけるかということです。



日によっては体が全く動かなかったりすることもあるでしょうし、瞬間的に気持ちが落ちてしまうこともあると思います。


でも、だからといってあきらめちゃいけないなと思ってます。
うつ病とは気の持ちようだとか思い込みだとかそういうものではないです。基本的には治るとか治らないとかそういうのではないと思っています。



もしかしたら理解されないことだってたくさんあると思います。
同じ苦しみの人と話していると傷のなめ合いだと言われてしまうかもしれません。



それでも生きる権利はあります。
死んじゃダメなんです。死ぬくらいなら僕にメールしてください。僕も寂しいんで返信します。文通しましょう。


もしくは僕の音楽を聴いて下さい。
僕の曲をあなたのそばにおいてください。


僕たち一人一人の苦しみは違ってもきっと共感できる部分があると思いますから。


ちなみに僕は最近拒食気味だったりしてます。
次はこの摂食障害と向き合っていくつもりです。
頑張りますよ。生きていきたいから。




どうも佐々木です


快調といいたいところですが、まあまあ順調に過ごしています
色々解決したこともあれば、ダメだったこと、どうにもならなかったことも数多くあって、、、
ああこれが人生かあ、なんて感じたりして。



病状的には少し投薬が増えました。恐らく次の診察でまた少し増えるかなあと思います。
そんな感じで社会復帰というか、回復はまだ当分先になりそうですね。


仕事はそれなりにやっています。お願いされることも増えてきて、音楽的には非常に成長できているなあと感じています。そしてなによりやっぱり継続が大事だなあと思いました。



僕たちのようなアーティストはなかなかに生きづらい人生を背負っているといいますか、こういう時代でもあり世間の風当たりというのは相当にきついですな(笑)


でもうつ病になった原因が音楽であってもそこに光をくれたのもまた音楽なので、僕はやっぱり音楽は絶対に捨てられないということを感じています。



今はもしかしたらそういう気持ちだけで音楽を作ったいるのかもしれません。





そういえば最近気づいたことがあります。




僕は寂しいんだということ



こんな簡単なことに気づくまですごく時間がかかりました。
理解してほしかったんだなあと思うようになりまして、、、気付いて、少しずつ人に言えるようになってからは、不安な気持ちが少し和らいでいくのを感じています。



うつ病なんて誰でもなり得る病気なんだなあと認識を改めました。


でも、やはり当事者同士でなければわからないこと、同じ気持ち苦しみというのはなかなか難しいものです。認めあえたり、解りあえたりすることの喜びというか、そういうのは本当に大事なんだと思いました。


ついこないだまで僕はそんなことすら拒絶していたんだなあと、、、反省しています。



最近は人に会うようにしています。
人と話したり会ったりするのはすごく疲れてしましますが、それでもひとりで延々と悩むよりははるかに有効な時間の使い方だと思いました。


もちろん誰にでもおすすめできる方法ではありません。
本質は自分なりのコミュニケーションのしかたを見つけることなのかなあと思っています。



ゆっくりゆっくりでいいので、僕はそれを見つけていこうと思います。



それでは、今回はこの辺で。
また、、、

↑このページのトップヘ