遊んで生きる。気楽に生きる。
今日はDTMについてですね、、、実は僕あんまりDAWソフトには明るくないんですが、なんとかCubaseを使って作曲しています。最近Ableton Liveを導入しました。まだ使いこなせていません泣
なので、少ない知識ですが皆さんと共有できればと思い筆を執らせていただきます!さあ行ってみましょう!


DTMとは


いわずもがな、デスクトップ・ミュージックの略称ですね。僕の周りではベッドルーム・ミュージックだなんて揶揄したりされたりしています。まあデモ音源を作ってるときなんかは完全にベッドルーム・ミュージックですけどね、、、
Cubaseに関していうと月並みですが高性能だなあと感じています。もちろんAbleton Liveのようにライブ向きのDAWソフトがあったりして、その性能差というのは使う人の趣味趣向や目的により大きく変わってきます。僕の後輩はAbleton Liveユーザーが多いです。逆に先輩はSONARとかLogicが多いですかね。結構ソフトによって音の感じとかが違っているように感じますね。もちろんできることも違いますし、エフェクターの感じも違うなあと思いました。コンプレッサーかかりすぎーとかね。


DAWでの作曲

普通作曲といえば、、、という根源がすでにDAWでの作業を指すようになって久しいです。作曲家と呼ばれる人たちもかなり増えました。もう実際楽譜いらないかもしれないな、、、って思うような曲もできたりしますし、最近は仕事以外で譜面を作ることが減りました。譜面書けなくなったらどうしよう。便利すぎるのも困りものですね(笑)
さて、タイトルにもしました、センス!これがDTMには必要不可欠です!(断言)
なぜかというと、一人完結かつトラックのコピペができるからです。これには通常作曲と呼ばれる作業とは違った才能が要求されます。それは「音楽のデザイン力」。サウンドデザイナーという肩書が出来てしまうほどに、DTMによって作曲は簡単にできるようになりました。ゆえに敷居が低くなったともいえます。その中で突出するためにはデザイン力を磨かないとダメなわけです。

僕は以前にMTR(マルチ・トラック・レコーダー)で作曲していたのですが、DAWにしてからは作業スピードが10倍といっても過言でないほどに上がりました。MTRとDAWの大きな違いは先のとおりトラックの切り貼りができること、これにつきます。画面上で完結できるので、非常に操作しやすいし視認性の高さからもミスが減りました。何度も録りなおさなくていいというのが僕には革命でした(笑)
最近は作曲や編曲したものをライブ用にマスタリングしたりもしています。仕事の幅が広がったのはとてもありがたいことでした。
本来ならエンジニア用の機材でやることをパソコン一台で(程度の差はあれど)、できるようになったなんてすごい時代だと思いませんか?



これからのDTMを考えよう

テクノロジーの進化によって作家の在り方も変わりました。実質的な多作が可能になり、多様かつ類似した音楽が世の中にたくさんリリースされました。僕も今年は多作で行きたいと思いますが、質はどうしても下げたくない。これは仕事にするなら当たり前のことかもしれませんが、作品が多ければかならず質が低いものもうまれます。なんだってそうです。失敗をしないと正解がわからないのです。なので、たくさん失敗しましょう(笑)
話を戻します。これからは音楽が無料になっていくと言われていますが、たぶんそうなります。そこで、前項で書いたようにデザイン力がキモになると僕は思っています。絵画や映像など、ほかの芸術分野とかなにか面白そうなものとコラボして、どんどん音楽から音楽が離れていくんじゃないかと思います。そのときに限定された場面で音楽をデザインする力はとても重要になると僕は考えています。音楽クリエーターという人たちが増えていく中でどうやってワンオフのオリジナリティーを獲得するか。そういう瀬戸際にいまの音楽家がいて、そのためにはDTMが必要なのかなあと考えています。


おお、なんか概論みたいになったな(笑)
次回はもう少し突っ込んでDTM作曲、できれば実例でなにかやりたいですね、、、汗

今日はこの辺で!
ではまた、、、


はい、今日は趣向を変えてジャンル研究です。もちろんマニアック!文章多めなので読む際はご注意を!


いきなり持論ですが、近現代音楽はたくさんのジャンルが飽和したところからの再構築だと思っていて、2000年にRadioheadが4枚目のアルバム「Kid A」をリリースした辺りからその流れはどんどん激しくなりました。もちろんRadiohead単体でその流れができたわけでなく、水面下でいろんなジャンルが生まれたりいろんなアーティストがいろいろとわけのわからない音楽をつくっていたわけです。そこにナイスタイミングで「Kid A」がリリースされたので、先進的な作品という評価がついたんですね。


ジャンルとは

ジャンルフランス語genre)とは、芸術表現群をある一つの側面から客観的に分類したものをいう。分類の基準として用いられるのは作品であることが多いが、その内実は多様である。また、「女流文学」のように作品ではなく作者の特徴を基準としたものもある。体系として広く共有された形では存在しないため、使う人によって「SF映画」などのジャンル名の判断基準が異なっていたり、複数のジャンル間で重複があったりすることもしばしばである。
 引用 Wikipedia-ジャンル
 
とりあえず引用です。「客観的に」とありますが、主観の集まりが客観性だとするならジャンルの定義も結局は主観に依存します。なので、自分の評価を持ちつつも過大に信用しすぎず判断していくのが良いのではないかと思っているんですが、、、頭がこんがらがりますね(笑)次に行きましょう!


Radioheadに影響を与えたアーティスト

いろいろいるんですが、今回は「Kid A」のインタビューなどにおいて言及が多いAphex Twinについて書きます。本名はリチャード・D・ジェームスといいます。この方、、、ほんとに多彩・多才です、、、いろんな事やります。まあ基本はエレクトロニカに分類されたりするんですが、もうね、枠とかないっす。わけわからんです。ただ、音楽の純度というか、そういうのはめちゃくちゃ高いですね。正直バンドマンに聴いてもらいたい音楽NO.1です。きっとRadioheadみたいに作曲の幅が広がります。「これもありなの!?」みたいに感じますから(笑)
一応UKロックにくくられてるRadioheadがAphex Twinを聴いてるというのも意外でしたし、3枚めの「OK COMPUTER」からの進化あるいは変化ですかね、それがすごかったので、個人的にはお勧めします。


エレクトロニカ

エレクトロニカとはIDM(インテリジェント・ダンス・ミュージック)からの派生ジャンルと言われています。これがまたかっこいいんですが、本質的に複合ジャンルであるために多様性がありすぎてジャンルを普遍的に確定しきれない、という側面があるように感じます。それはクラブミュージック全般に言えることですが、Aphex Twinの存在など自由度が高すぎるのもある意味ではそれに拍車をかけているのかもしれないですね。昨今では何がエレクトロニカなのかを判断しきれないように感じます。僕としてはビートの感じで判断しますが、それも先に書いたように主観でしかありません。僕の友人のトラックメイカー・DJは「エレクトロニカ」は死語になった、といってました。また、「今も世界のどこかでは新しい言葉が生まれている」ともいってました。僕としてはそうやって新しいものが日本からも発信できないものかと思っています。なかなか難しいと思いますが、、、それもチャレンジです!



さて、今日はなんだか論文みたいになりましたね(笑)一応このシリーズはこういった論述をメインに考えていますが、読みにくい場合はクレームをぜひ。改善しますので、、、
では今日はこの辺で!
またの機会に、、、 
タイトルがプレッシャーになってます、佐々木です。
今日は気になった記事から音楽ならどうだろうということを考えたいと思います。




癒されすぎ注意!大宮にできた「お風呂カフェ」が女性を中心に話題 | RETRIP[リトリップ]癒されすぎ注意!大宮にできた「お風呂カフェ」が女性を中心に話題 | RETRIP[リトリップ]



営業案内 | おふろcafe utatane営業案内 | おふろcafe utatane








 これですね、、、いや、上野で見たことがあるんですが、こんなおしゃれな感じなんですね。一回も行ったことがないので戦々恐々としております。こうやって新しいこと考える人ってホント頭がいいし、何よりやってみるのがすごい!ということで今日は「音楽×〇〇」を考えていきましょう!


現状の音楽と何か組み合わせたもの




これを今調べていたんですが、なかなか、、、有名なのはやっぱり某アイドルグループの握手券とか、あとはなんだろう、、、まあゲーム音楽とかアニソン、とくにアニメタルなんかもそうですね。「俺、間違ってねぇよな?」の星川さんの記事では


『Sleepyhead jaimie』に学ぶ稼げる音楽活動論 - 俺、まちがってねぇよな? 『Sleepyhead jaimie』に学ぶ稼げる音楽活動論 - 俺、まちがってねぇよな?

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。まずはこちらをどうぞ!ハンバーガーソングHamburger Song (ハンバーガーソング) by Slee...


こちら!「ハンバーガーソング」ってあたらしいですよね。この発想がすごい!これはほんとに好きじゃないとできないですが、逆に言うと自分がとにかく好きなものと組み合わせればいいということでもありそうですね!



ならまずは好きなことを見つけよう!

ということですね。見出しにすべて集約しました(笑)
好きなことやモノってなかなか意識しないと見つかりませんね。やはり普段から意識していくことが大事なのかもしれません。星川さんの記事にあるように、この考え方はセルフブランディングというものになります。なんかかっこいいですね!こうして自分たちの強みを身に着けていくことで収益にむすびつけていくんですね。バンドならメンバーと、一人で活動しているなら友だちや家族と、いろいろ話してみるといいかもしれません。

ちなみに僕は音楽×フライパンとかにしようかなと。まあ音楽×キッチンですね。キッチンミュージックとか新しくないですか?(笑)キッチンドリンカーに向けた音楽を作りたいなあと(笑)これはいずれやりますのでこうご期待!





今日はこの辺で!
ではまた、、、


 

↑このページのトップヘ