佐々木です(^^)/


最近無料と有料については色々と書いていますが、今回もそれに倣って再度無料の意味を考えてみたいと思います。


そもそもなぜそのコンテンツは無料なのか


なんで無料なのかと言われれば、たぶん腐るほど理由が出てきます。

  • 配信が身軽
  • 極論売れなくてもいい
  • 聴いてもらいやすい(はず)

こんな感じですかね。というより僕はこんな感じで思っていました。
しかし現実はどうなのかと言われれば何のことはない、ただのポップアップの広告と変わらないんだなあと思いました。正直飛ばされちゃいますね。



なんでなのか


ここからは僕の推論です。

おそらく、無料であることがある意味当たり前になりすぎて無料であることそのものが摩耗している。無料というのは一種の劇薬で、本来無料それ自体には何の価値もないということが改めて目に見えるようになったということではないかと思っています。


無料の先にあるもの


無料化することは実際に効果があるでしょう。
それがちゃんとした宣伝効果を狙ったものであればですが。
みんな戦略は当たり前に考えています。問題は考えた戦略の中身ではなくパターンの少なさのほうです。ここまで多様化した社会なので、たくさんのパターンが必要になってくるでしょう。よく聞く言葉で言うとビジネスモデルみたいな感じですかね。

いったん僕の中での結論を述べます。

   有料→無料は価値の劣化の耐えられるが
   無料→無料は劣化しようがないため無料状態のまま


価値の劣化がこの問題の肝かなと思っています。
つまり、有料商品を必ず用意する必要があるのではないかということです。すべて無料だとアーティストとしての価値そのものが有料に変化しにくいのではないかということです。断っておくと、あくまでこれは現状の僕の立場からの意見です。そうではないパターンももちろんあります。ですが、そのパターンはあくまで再現性が低いものであり、現状の僕たちの活動はもう少し地味なものであるというのが事実です。


まあ、結局のところ売り方の問題なのかもしれません。
発表することと売ることが同義になっていすぎやしないかという疑念は最近強まってきています。僕はEPを6枚配信で出しているんですが、日本ではほとんど売れません。無料だからでしょうか?それとも質が低いからでしょうか?あるいはそのどちらもでしょうか。



売れないと嘆くよりもどうにかして数字を動かしてみようと思って考えることが重要なのかもしれません。これからも実験ですね。
少なくとも自分の作品にはちゃんと責任を持ちたいと思います。