佐々木です(^^)/

フリーランスになってストレスフリーな生活してます。
戦略を考えたりとか、そういうのは実は好きだったみたいで、こういう生活があってると改めて感じました。自分のことで正直精いっぱいというか、僕は人間関係の維持とかがとても苦手なんだなと、、、そういう意味でこの生活はとてもいいです。


さて、よく大人の人に相談するといわれる言葉がありますね。

みんなつらい

これね、嘘です。


極端な話みんな本気でつらいなら一億総うつ病時代とか来てます。そうならないってことはどっかで本気で考えないようにしてるんです。そして、それは人間の防衛本能として当たり前のことなので、別に良い悪いの話ではありません。



よくよく考えてみると自分を守るって普通のことなんですよね。正直者は馬鹿を見るといいますが、正直者はうつになりやすいのかもしれません。僕は何でもかんでも真に受けてしまうので、正直どこからどこまでが本気とか空気で察するとか苦手です。単純に僕自身がアホなだけかもしれないんですけど、みんなそんなに物事を本気で考えてたら疲れるよなあと。まあ最近はそういう風に考えるようにしてます。


つらさは人によって違います。僕は人間関係の構築が苦手なので正直今の生き方や生活が都合がいいと思いますが、人によってはこれほどつらい事はないかもしれません。なので僕は僕の生き方を真似しろなんて安易には言えないんですが、それでもつらいと思ったら逃げてください。逃げることでしか身を守れないことだってあると思います。目先の生活費よりも命を優先してください。逃げるが勝ちという言葉もあります。死んでしまったらすべてが無意味になります。



僕のつらさは僕にしか解らないように、あなたのつらさもあなた自身が一番解っているはずです。周りの目とか空気とか読んでる場合ではないです。「みんなつらい」なんて言葉に騙されずに逃げてください。だいたい「みんなつらい」なんていう人はなんでつらいのにそこにいるんですか。おかしいじゃないですか。ほんとにつらかったら辞めるって。


多分そういう場所では悩み相談なんて無意味なので、とっとと逃げましょう。僕も正直逃げるように辞めたので、、、というか逃げたんですね。僕の闘う場所はあそこではないと思ったし、死ぬのは、、、やっぱり嫌ですね。


このブログを読んでいる方の中にも僕のように朝起きた瞬間に死ぬ方法を考えちゃう方がいるかもしれません。どうやったら人に迷惑をかけずに死ねるか、、、みたいに。そうなってるなと思ったらいますぐ病院行って診断書もらって仕事を辞めて休んでください。誰かに「気の持ちよう」とか言われても無視してください。死にたくなったらまじで危ないので。


「弱音を言えない空気」とか「大人は弱音を言わない」とかそういう風潮ありますが、弱音を言えない世界って僕はおかしいと思っています。弱音を言ったら大人じゃないなら僕は大人になれなくてもいいです。弱音を言い合える方がよっぽど健全だと思います。まあもちろんそれを理解し合えるということが前提なんですが、、、そこが難しいんですよね、、、


もしも弱音を理解し合える世界が実現したら少しは生きやすくなるかなあと思っています。生きやすいってめちゃくちゃ大事なことなんですよね。「みんなつらい」はおかしいんです。つらいんだったら少しでもつらくないように変えていこうよって考えるのじゃないですか。我慢してどうするんだと。何にも変わらなかったらつらいままなんです。そこに希望があるかっていうと、ないですよね。なので、少しでも希望のある方向にもっていく必要があって、、、希望があれば生きていく活力になりますから。僕は生きていくうえで希望って大事だと思っています。



「今を楽しむ」っていうのもいいんですけど、明日も楽しい方がどう考えても良いので、ちゃんと明日のことも考えなくてはならないと感じています。毎日楽しいのがあり得ないなんて誰が決めたんでしょうか。僕は毎日楽しくていいと思います。その方法だけ考えるようにしましょう。起きてる時間は楽しい。そしたら希望が持てます。そしたら生きていけます。つらいのが当たり前なんて嘘です。思考停止が生んだ虚像です。絶対に方法はあります。本気でつらくて、それを変えたかったら、その方法を考えるしかない。僕はそう思います。