どうも佐々木です(^^)/


12月はいろいろ動きがありました。
アーティストとして生きていくためにどうするべきかということを強く考えていました。
いろいろやったので書いていきます。

  • 生放送の日を固定化した
  • ビストロ佐々木の動画更新の習慣化
  • 新しい動画企画が始まった
  • 音楽レーベルの必要性について

生放送の日を固定化した

番組としていくのであればやっぱり曜日固定の方が良いと思ったので、毎週水曜日21時スタートということで毎週のスケジュールに組み込みました。


半年ほど生放送をやっていたのですが、曜日や時間がふわっとしたままだとやっぱり覚えてもらいにくかったので、一旦固定してしまおうと思います。


プラットフォームはSHOWROOMに決めました。理由は単純に画質です(笑)
あと使いやすい。


今後の展開に期待しつつ、数字がどう動いて何が起きるのか。
楽しみにしていきたいと思います。


ビストロ佐々木の動画更新の習慣化

ビストロ佐々木は基本が動画コンテンツなので、やっぱり動画を軸にした方が良いだろうと思って毎週動画を作ることにしました。







この際なのでクオリティよりも毎週アップすることを念頭に置いていこうと思います。
そこらへんは生放送も同じですね。




こういうことなんじゃないかと思っています。
僕もとにかくやってみます。


新動画企画が始まった




新企画『サクッといっちゃう!?』がスタートしました。
この企画は僕がタレント的に呼ばれていまして、、、まあほんとに何があるか解らないものですね。


とりあえず面白かったら何でも首突っ込みます(笑)

これは今後が楽しみな企画ですね。
僕もほんとにどうなるかわかりません(笑)


音楽レーベルの必要性について

これは以前からすごく議論されていましたね。
僕も音楽仲間とレーベルについては議論していました。


お金や著作権の話とかもそうなんですが、今はもう個人が配信できるプラットフォームが揃いまくっているので、正直レーベルを通す意味があまりないのでは?という感じで。


配信するだけならアグリゲーターやディストリビューターを通せばいいだけなので、レーベルもその存在意義が問われているのではないかと。


そしてまだ僕個人の中でも答えは出ていないのですが、これからは音楽だけでは食べていくのは相当難しくなっていくと思います。





この記事中でもこおろぎさんが書いているようにキャッシュポイントを作っていくことが今後重要になってくるでしょう。


アーティストとレーベルの関係性もこれから変わってくるでしょう。
コミュニティとしてレーベルが存在するのかもしれないなあとか、、、まあ今考えてるのはそんな感じです。




まとめ



プロとアマの違いなんてなくなる | KAZUMA IEIRIプロとアマの違いなんてなくなる | KAZUMA IEIRI



結構有名な記事だけど、本当にこういう世界になってきていると思う。
じゃあ音楽家が何をするべきか。どうやっていくべきか。


ものすごいスピードで変わっていく世界の中でいったい何をして生きていこうか。


そういうことを問われているような感じ。


まあ今のところどうにもならんので、これからも今あるコンテンツを淡々と継続して、新しいことも考えて、、、とにかく面白いことをやっていくだけです。


さて、今回はこの辺で。
ではまた、、、