どうも佐々木です(^^)/


ちょっとある違和感があっていまこれを書いています。
最近感じていること、結構根が深いような気がしたので。


まず前提として、僕はうつ病と診断されてよかったと感じています。これはなぜかというと、自分の症状への対応のしかたが解ったからです。薬の種類をみて自分がどういう症状が出やすくて、どういう状況でどういうふうに症状が出るのかなど知ることができました。


それに対して全く自分が「病人」だという自覚は無くて、ただうつ病の症状が出たときに「この薬を飲む」とかこうすればいいとか、対応策を冷静に考えられる様になりました。これが大きな進歩で、僕はうつ病の診断をされたことで前を向くことができました。



でも周りの反応は面白いもので、「精神科医は嘘つき」とか「薬はやめろ」とか、いろいろ言われるようになりました。もちろん周りの方々も心配してくれているんでありがたいのですが、、、正直僕は診断されてよかったと感じているので、病気に対する向きあい方とかそういうのも個人の自由だし、、、もうね、




好きにやらせてくれ

って思ってます。
いまはお酒もたばこもダメになったけど、別に僕はそんなに飲み会とか好きじゃないので全然我慢とかしてないし、結構快適なんですよ。体もむくまないし二日酔いもないし、、、


正直病気に関して何か言われるのは価値観の押し付けなんじゃないかと思っていますよ。
薬の情報交換とかこういう症状の時はこうしたらいいとか、そういうのは全然していきたいけど、病気や症状を否定されてしまっては元も子もないというか、、、誰でもあるのは解るし、どんな人間にも起こり得ることも理解してます。でもだからこそ


好きにやらせてくれ


治療のしかたは各個人が決めればいいし、僕はこのブログのおかげで出会った人もいるので、後悔も何も微塵もありません。続けられるまで続けようと思いますし、僕という前例を後の人たちに活かしてほしいと思います。そのためのうつ病闘病記なので、、、



僕は決めました。


思ったようにやる

これが一番。
好きにやるのが一番です。



とやかく言われることもあると思いますが気にしなくても大丈夫です。
何でもいいんです。自分との付き合い方を考えるのに誰かの意見なんて関係ないです。


好きにやらせてくれ



以上!
今回は終わりです!