一応元気にやってます、佐々木です。
今日は闘病記として、うつ病について書いていきます。その感じあるなーとか、うつ病と現役で格闘している方にはぜひ読んでいただければと思います。

うつ病は病気です!

なかなか理解されないこともありますが、うつ病は病気です。僕は診断書を出してもらい休職になりました。問題として大きいのは感情コントロールが自力でできなくなっていくこと。これにつきます。寝床から起き上がれないとか、夜に不安が襲ってきて眠れないとか、とにかく異常を感じたら必ず病院で診察を受けてください。もしかして病名がはっきりしたり、診察やカウンセリングを受けることで気持ちが楽になるかもしれません。心が病気になってしまうともう何にもできません。悪いことでも何でもないです。心の風邪みたいなものですので、罪悪感を持たず病院に行きましょう。

そうはいっても、、、

という方ももちろんいらっしゃると思います。僕もまさか自分がそういう診断を受けるとは思いませんでした。多くの場合は環境が原因になっていることが多いようです。傾向があっても気づかないとか、自分は無関係と思わず、誰だって可能性があるものだそうですし、とにかくマイナスに考えずまずは診察を受ける。それから考えても遅くないと思います。


僕の場合

ちょっと例が乏しいですが、僕の事例をあげます。


まず僕はもともと傾向があったんですが、眠れなくなりました。仕事も休みがちになり、職場で診察を勧められました。そこで躁うつ病と判明して、今に至ります。まだこうしてブログを書いたり音楽を作れたりするだけましなほうだったと思います。いつまた症状が出るかわかりませんが、現状は回復に向かっています。かなり気持ちが安定してきていて、少しづつ気力もわいてきています。何日か前にひどく感情コントロールができないことがあり、非常につらかったです。「死にたい」と正直思いました。あと一歩自制が利かずにいたら、、、と思うとぞっとします。そういう時に身近な人たちの存在が僕を助けてくれました。夜中に電話してくれたり、Lineでもいいんですが、そういう「自分が孤独でないこと」を実感して、今は何とかこうして記事が書けています。


まとめ

「いい加減になる」

こういう表現は語弊があるかもしれませんが、抱え込むよりもある程度で思考をやめてしまいましょう。そうでないと一向に事態は思考途中になってしまいます。切り替えるということの大事さというか、極論忘れてしまってもいいんです。誰かが思い出させてくれます。自分でメモをとって、その瞬間忘れてしまっても良いでしょう。メモを見れば思い出します。また、嫌なことは完全に忘れてしまいましょう。覚えていても意味がありません。ミスは改善する必要がありますが、嫌なことや不快なことは改善できないものなので思い切って忘れてしまいましょう。僕もそういう風に思考することにしました。



さて、闘病記というかうつ病対策みたいになりましたが、こんな感じです。結局のところ何よりも自分を大事にしてください。利己的になるのではなく、自分を大事に!これです。悪いように考えても仕方がないので。

では今回はこんなところで。
またの機会に、、、