遊んで生きる。気楽に生きる。

タグ:コンテンツ

どうも佐々木です。

早速ですがこの記事

田端信太郎氏が語る、スマホ全盛期の今、マーケターが持つべきユーザー接点の考え方 —田端信太郎さん MARKETERS CAMP TOKYO vol.6  | すごい勉強会 田端信太郎氏が語る、スマホ全盛期の今、マーケターが持つべきユーザー接点の考え方 —田端信太郎さん MARKETERS CAMP TOKYO vol.6 | すごい勉強会

おそらく読まれた方も多いと思いますが。
このブログを読んでいる方としてはアーティストやミュージシャンが多いと思いますが、メディアや映像などに関わる方も是非一読してください。金言のオンパレードです。

マーケティングとは何かっていうことをビジネス的に考えるのもいいけど、僕はマーケティングってもっと下世話なものだと思っていて。欲望を扱うものだと思うんです

もう冒頭からこんな感じで金言が飛び出しています。
正直僕はとんでもない感銘を受けました。


コンテンツというとやっぱりエンターテイメントをイメージしてしまいがちなんですが、「欲望」を扱うのがマーケティングだとすると、、、そうですね、今まで僕が考えていたことはいったい何だったのかと考えてしまいました。

これからのコンテンツはもしかしたらほんとうにその「欲望」を満たすために存在していくようになるのかもしれません。これは僕の考えですが、「欲望」とはけっして悪いものではなくて、ごく当たり前に僕たちが日常で意識せずに考えたりしていることに他ならないのではいかと思っています。
これからは質に関係なくどんどんコンテンツが生み出されていくと思います。だから、そこにはやはりマッチングが必要になってきて、個人単位でフィットする、、、なんでしょうね、スモールエンターテイメントとかスモールコンテンツとか、そういう言い方になるのかな?マス向けではなくて、もっと小さな場所に向けたコンテンツの作り方になるような気がします。
それは「ニッチ」とか「コア」とかそういう表現ではなくて、かなり複雑な概念みたいなものが存在するようになって、でもやっぱり直感的で、、、もちろんマス向けのものは絶対になくならないと思いますが、比率の変化は徐々に見えてくるんじゃないかと思います。


断言しますけど、今の消費行動の8割くらいは、実は消費者自身がなぜそれを選んだのかがわかっていない

いやー、さすがです、、、脳が焼けるかと思いました(笑)
これね、、、ほんとにわからない時ってありますよね。選択肢がたくさんあるはずなのに、例えば値段が同じなら何がそれを買ったポイントなのかってわからないんですよね。
この理屈でいくと、音楽を買うときとかってどうやって判断してるんですかね。値段なのか、好きだからなのか、流行っているからなのか、、、選択肢が値段でない場合、僕たちはどうやってそのモノの価値を判断しているんでしょうか。
やはりそこで「欲望」ってやつが必要なのかもしれません。まあ、買った本人すら意識していない「欲望」を作るっていうのはたぶん無理なんですけど。


さて、このままいくと記事がとんでもなく長くなりそうなのでここらでいったんまとめます。

この記事中にはたくさんのキーワードが出てきます。
詳しくは記事を読んでいただくとして、僕たちはこれから何を表現して何を発信していくのかということを考えました。おそらく無価値なものなんてそうそうなくて、いまやほぼどんなものでもコンテンツになり得るのではないかと思います。もちろんそれは大衆が価値を認識するものではないのかもしれません。紹介した田端信太朗さんの記事ですら無価値だと感じる人もいるでしょう。
なので、どこにマッチングさせるのかとか、そういう表現や発信が必要になってくるんだと思います。個人が気軽にメディアを持ったりできる時代なので、どんどん新しいことやモノが生まれてくるはずです。そんな中で音楽に何が向いてるのかとか、芸術で満たせる「欲望」はなにかとか、そうやって考えていくことになるのかもしれませんね。


さて今回はこの辺で。
ではまた、、、




どうも、佐々木です
もとい、ビストロ佐々木です!


一ヶ月ほど前からビストロ佐々木という企画をスタートさせました




こんな感じでやってます






現在第三回目までYouTubeに動画をアップしています

音楽×料理というのは以前からやりたいと思っていたのですが、思わぬ形でコンテンツ化する運びとなりました。というか、もうやったもん勝ちなんじゃないかと思いまして、、、

動画中の音楽(BGM)や効果音はすべて自分で作れるので、コンテンツ制作の上で音楽家としてのアドバンテージを感じています

動画内の料理はそのままもう一つの企画である不定期生放送のほうでゲストさんとおいしくいただいています




こんな感じでゆるーくやっています

今後はアーティスト活動のほかにもこういう形でいろいろやっていきたいなあと思っています
現段階では出演公募とかしてもしょうがないのでそういうのはやっていませんが、生放送100人以上アーカイブが1000回越えて来たら何か企画考えます(笑)

もう少しビストロ佐々木の再生回数が増えて来たら、、、目標として500回再生越え始めたらなにか動画内での企画考えようかなあと思います。その前にVALUの優待とあわせてちょっとした仕掛けをする予定ですので、まとまったら何らかの形で告知します


この企画はほんとに面白くしていきたいです
皆さん是非よろしくお願いします!




どうも、佐々木です。
今回は以前Twitterで




というツイートを発見してですね、、、
ちょっとここから着想を得たのですこし考えを整理するつもりで書いていきます。


そもそもTwitterのフォロワー数が多いこととふぁぼられたりRTがつくことって別物なんですよね。
というのも、「Twitterのフォロワー数を増やす方法」みたいな謎の方法論が確立された、というか出回ったせいで起きた現象が「Twitterのフォロワー数が多いこととふぁぼられたりRTがつくことは別物」なんじゃないかと僕は考えています。
なんでかっていうと、単純に「人気」が可視化あるいは数値化できないことが理由なんですが、実際にバズってるツイートとか見たときに実際のフォロワー数よりもRT数が多いっていう現象が起きていたのを見かけたからです。まさにバイラルメディアってやつですか?まあインターネットというか、そういう情報がオープンな場所の特性というか、そんな感じに見えました。

つまり、Twitterは小さなメディアの集合体なんじゃないかなと思ってます。
大なり小なり個人がメディア化することで、例えば有名人なんかのスキャンダルがフライデーよりも速くTwitterで拡散される可能性だってありますよね、、、まあ事例があったかどうかは調べてないんですけど(笑)

ということは、ユーザーがすべて発信者側だということ、もちろんそういう使い方をしている人に限った話になりますが、使い方をうまく考えればやっぱりいまだに武器になると思います。もちろん「自分の情報に価値がある」場合に限るということになりますけど。



さて、そこでタイトルに書いたように自分を「コンテンツ」にできるかどうかってことなんですが、いやこれがまた考えても考えても難しい(笑)そう簡単にはね、自分をコンテンツにしようだなんてやろうと思ってもできない。でも、ここをクリアすればおそらく「Twitterのフォロワー数が多いこととふぁぼられたりRTがつくことは別物」という現象を改善できるのかなあと思いました。
理由は二つあります。

 1、フォロワーがファンである状態を作れる
 2、情報の内容が面白ければ、フォロワー以外からもリアクションがある



うん、表現が難しい(笑)
ともかく考えましょう(笑)

「フォロワーがファンである状態」というのはよく目にしますよね。有名なアーティストさんにしろ芸能人の方にしろ、おそらくそうです。もちろん全員が全員ファンではなくて、とりあえず有名な人をフォローするみたいなこともあると思いますが、基本的には「フォロワーがファンである状態」であればフォロワー数が多いことによって拡散される割合が高くなるわけですね。

では内容が面白いというのは何かっていうと、おそらく「PPAP」の現象が一番わかりやすいかなと思います。もちろん最初はファンの方がどうこうというのはあれども、内容の面白さが伝わった、そしてまったく知らないところで拡散された結果でしょう。逆に一気にフォロワーが増えたと思います(笑)逆輸入みたいな形になってますし、その辺もうまく作用したんだと考えられます。

はい、それで、今まさに炎上中のキングコング西野さん。
いやーSNSの使い方がうまいうまい。いろいろ調べるとほんとに頭使ってるっていうか、すごく頭いい。
冒頭で紹介したツイートの状態、つまり「自分をコンテンツにした状態」ですね。あそこまでいくとファンとか関係なくもう勝手に話題になっていってしまって、勝手に人が動くみたいな状況ができてしまいました。賛否両論あると思いますが、これが計算されたものであれば、、、うん、恐ろしいですね。

しかし、本来炎上するというのは限りなくマイナスな状況のはずですよね。なんで絵本の売り上げが伸びているんでしょうか。うーん不思議。と思っていたんですが、もしかしたら潜在的な顧客にもアプローチできたからこその伸び率だったのかなと思います。まずは認知度を上げる。これに尽きますよね。手売りでライブチケット売ったりしてるみたいですし、いやほんとにすごい。インタラクティブっていうんですか?それはとにかく努力ですよね。
手売りしてるってことは、もしかしてあのクラスの認知度があってもやっぱりライブにはなかなかお客さんが来ないということなのかもしれません。または確実にライブに来てほしいからこその選択肢なんでしょうか。実際音楽もそうなんですけど、ライブって当日キャンセルすごく多いんで、それを防ぐという意味合いもあるんでしょう。僕はほんと単純にすごいと思いました。一番大事なライブ集客を人任せにしないところが。 


まあいろいろ書いたんですけど、実際にはフォロワー数を増やすより面白いコンテンツを多く作って、それを発信した方が結果的にはいいんじゃないかと思ってます。決して効率重視ではないんですが、リターンを考えたときに単なる数字として残すのか、資産として残すのかの違いだということです。資産があれば運用できます。つまり、形態は何でもよくて、単純に作品があれば売り物にできるので、資産を多く持ちましょうということです。
フォロワー数に関しては、たぶんそういうやり方とか、そういう活動の下に増えていくような気がします。たぶんそうやって増えていったフォロワーはファンである可能性が高いので、単純なフォロワー数よりも確実に意味があります。


まとめとしては、

 1、フォロワー数が単純な指標ではない
 2、自分のコンテンツ力を強くする 
 3、ファンを大切に!


いうなればいつ燃えてもいいような仕組みを構築することが大事ということですね。


実は先日




社会貢献型音楽レーベル | 合同会社BigBearRichRecords 業務案内<br>
社会貢献型音楽レーベル | 合同会社BigBearRichRecords 業務案内




これに参加して、そこでいろいろ話して考えたことを今回の記事でまとめてみました。
人と話すこともネットで何かすることもどちらも大事なことなんで、そこはもうとにかく自分で道を切り開いていくしかないなと。そんな感じでした。
もちろん代表のヒトミリリィのお二人は実績も経験値も豊富な心優しい方々なので、またスケジュールがはまればぜひ行きたいなあと思いました。読んでるかわからないけど(笑)、ヒトミリリィの川縁さんヒトミさん、ありがとうございました!


こうしてリアルでもネットでもいろいろな人たちと繋がっていけたらいいですね。



さて今回はこの辺で。
ではまた。
 

↑このページのトップヘ