遊んで生きる。気楽に生きる。

タグ:ジャンル

どうも、佐々木です。
今回は現代音楽ってやつについていろいろ考えてることを書いていきます。


現代音楽とは?

もうね、見出しがふわっふわ!こんなん誰もわからんて!みたいな感じですよね(笑)実際Wikipediaとか見てもよくわかんないですからね(笑)「無調への傾倒」とかね、難しいっての!というわけで何か一曲例を出しましょうか。





僕のおすすめですね。羽田健太郎さんが弾いてるやつ。これはめっちゃ美しいですね。ドビュッシーは現代音楽とかに分けられてる音楽の中でもかなり解りやすいのかなーと思って例に挙げました。なんか聴感的にこういう感じの音楽が現代音楽に分類されているようですね。無調とか不協和音とかそんなに感じないけどなあ、、、という方は




これですね。もうこれは不協和音とかバンバン使ってますね。かなり難しい音楽です。こういうのはより現代音楽っぽい感じですね。定義としてはこんな感じのが現代音楽、、、といったん分類しておきましょう。

最近のは何かないのか

最近の現代音楽っぽいのは




やっぱりジェイムス・ブレイクかなーと。こういう音楽ってやっぱり海外発信が多い気がします。そういうのが受け入れられる文化がしっかり根付いてるというか、音楽が娯楽以上の何かになってるんでしょうね。多分これって現代音楽じゃなくてポップスの分類になってるんじゃないですか?日本だとあんまりないですよね、こういうポップス、、、というか、歌モノですかね、こういう感じのってやっぱり売れないからなのかなーと邪推してますが、、、ほんとはどうなんでしょうね。言語の問題とか、考えればいろいろありそうですけど。


これからの現代音楽

DTMとか制作環境の進化によって音楽がとても気軽に作れるようになりました。今も世界中で新しい音楽ができています。これによって、これからの音楽はより細分化したり多様化していくのかなと思います。音楽に関しては価値観すら変わってきてるように感じます。もしかすればジャンルなんて概念はなくなっていくのかもしれませんね。もうほんと全然先がわかりません。特に現代音楽とかってそもそもふわふわしてるので、余程の権威主義な世界でない限り相当な多様化を見せていくと思います。もっと自由な世界になってくのかなあと。


うーん、現代音楽ってジャンルどうなんですかね。とっつきにくくなってるだけのような感じもありますし、ほんと全くよくわからなかったですしね(笑)まあこんなことを考えながら僕も新しい音楽を作っていきたいと思っています。もっとポップスも多様化すればいいのに(笑)


さて今回はこの辺で。
ではまた!

 

はい、今日は趣向を変えてジャンル研究です。もちろんマニアック!文章多めなので読む際はご注意を!


いきなり持論ですが、近現代音楽はたくさんのジャンルが飽和したところからの再構築だと思っていて、2000年にRadioheadが4枚目のアルバム「Kid A」をリリースした辺りからその流れはどんどん激しくなりました。もちろんRadiohead単体でその流れができたわけでなく、水面下でいろんなジャンルが生まれたりいろんなアーティストがいろいろとわけのわからない音楽をつくっていたわけです。そこにナイスタイミングで「Kid A」がリリースされたので、先進的な作品という評価がついたんですね。


ジャンルとは

ジャンルフランス語genre)とは、芸術表現群をある一つの側面から客観的に分類したものをいう。分類の基準として用いられるのは作品であることが多いが、その内実は多様である。また、「女流文学」のように作品ではなく作者の特徴を基準としたものもある。体系として広く共有された形では存在しないため、使う人によって「SF映画」などのジャンル名の判断基準が異なっていたり、複数のジャンル間で重複があったりすることもしばしばである。
 引用 Wikipedia-ジャンル
 
とりあえず引用です。「客観的に」とありますが、主観の集まりが客観性だとするならジャンルの定義も結局は主観に依存します。なので、自分の評価を持ちつつも過大に信用しすぎず判断していくのが良いのではないかと思っているんですが、、、頭がこんがらがりますね(笑)次に行きましょう!


Radioheadに影響を与えたアーティスト

いろいろいるんですが、今回は「Kid A」のインタビューなどにおいて言及が多いAphex Twinについて書きます。本名はリチャード・D・ジェームスといいます。この方、、、ほんとに多彩・多才です、、、いろんな事やります。まあ基本はエレクトロニカに分類されたりするんですが、もうね、枠とかないっす。わけわからんです。ただ、音楽の純度というか、そういうのはめちゃくちゃ高いですね。正直バンドマンに聴いてもらいたい音楽NO.1です。きっとRadioheadみたいに作曲の幅が広がります。「これもありなの!?」みたいに感じますから(笑)
一応UKロックにくくられてるRadioheadがAphex Twinを聴いてるというのも意外でしたし、3枚めの「OK COMPUTER」からの進化あるいは変化ですかね、それがすごかったので、個人的にはお勧めします。


エレクトロニカ

エレクトロニカとはIDM(インテリジェント・ダンス・ミュージック)からの派生ジャンルと言われています。これがまたかっこいいんですが、本質的に複合ジャンルであるために多様性がありすぎてジャンルを普遍的に確定しきれない、という側面があるように感じます。それはクラブミュージック全般に言えることですが、Aphex Twinの存在など自由度が高すぎるのもある意味ではそれに拍車をかけているのかもしれないですね。昨今では何がエレクトロニカなのかを判断しきれないように感じます。僕としてはビートの感じで判断しますが、それも先に書いたように主観でしかありません。僕の友人のトラックメイカー・DJは「エレクトロニカ」は死語になった、といってました。また、「今も世界のどこかでは新しい言葉が生まれている」ともいってました。僕としてはそうやって新しいものが日本からも発信できないものかと思っています。なかなか難しいと思いますが、、、それもチャレンジです!



さて、今日はなんだか論文みたいになりましたね(笑)一応このシリーズはこういった論述をメインに考えていますが、読みにくい場合はクレームをぜひ。改善しますので、、、
では今日はこの辺で!
またの機会に、、、 

↑このページのトップヘ