遊んで生きる。気楽に生きる。

タグ:マネタイズ

どうも佐々木です。
今回はちょっと荒れるのを覚悟で突っ込んだことを書きます。
ずっと考えていたことなんですが、音楽を芸術として感じている場面てどのくらいあるの?ってことなんですが、、、
ちょっとふわふわしてますね(笑)
前提を絞りましょう。今回はあくまで「J‐POP」 という範囲で考えていきましょうか。

これは僕の感覚ですが、音楽が商業になってから結構経ちます。
そうですね、西洋音楽家、いわゆるクラシックの宮廷音楽家があった時代、あるいは日本なら祝詞を歌うのが職業になっていたころから、、、そう思うと時代によって音楽という形態が変わり、そして音楽家の役割が変わり、今では経済市場の中のひとつになりました。
よく言われるのが「あれはロックじゃねえ!くだらねえぜメジャーの音楽なんて!ロックンロール!」みたいなものから「やっぱりクラシックが一番よね、だって曲が美しいもの」とかとか。 
それぞれ芸術だと感じるものってバラバラですよね。まあそれもそのはず。だって芸術って主観で判断するものですから。だから本来は感じ方なんてどうだっていいんです。細分化されたジャンル、新しく生み出される音楽語法。その中で僕たちは自分が感じる芸術を表現したり享受したり、、、


さて能書きはこれくらいにして、本題に迫りましょう。
先に述べますが、今回は「J‐POP」とよばれるものが如何に芸術なのかということを問うことが本題ではありません。ここで問いたいのは現代において音楽という芸術はどうやってその芸術性を保っているのかということです。
結論からいうと現代の音楽は「総合芸術」とでも言いましょうか、音楽以外の要素をふんだんに含んでいます。たとえばMusic Videoですね。単純なプロモーションのためでなく、いまやひとつの短編映画のような作品が多くなっています。聴覚だけでなく視覚的にも音楽作品を楽しめるようになりました。
最近だとBUMP OF CHICKENがすごいの作ってましたね。




これは正直めちゃくちゃすごいと思います。何がすごいって、もうこれ映画(笑)

というように、音楽以外の要素が大事になってきているという感じがあります。もちろん売り方とかも大事なんですが、とにかく作品がいいっていうのは大前提なんだなって改めて考えました。
「総合芸術」という観点でいうとこれはその中に当てはまると思います。

最近はライブの演出とかもすごく考えられてますよね。僕も先日ユニットでのライブでVJを使ったんですが、たぶん音楽の感じ方が変わったと思います。ふわっとした音楽に映像とかが乗ると結構印象が強く残るんだなあと勉強になりました。ソロでもやりたいですね、、、(笑)

このライブ演出なんですが、やはりすごいのはSEKAI NO OWARI です。

 

「総合芸術」、、、ですよね、これこそ。意見はもちろん人それぞれだと思いますが、これはほんとにすごいよなあと思います。


総論として僕が言いたいのは、どこに自分たちの芸術性を持ってくるのかということです。
音楽に特化するのか、映像ありきで音楽を作るのか、それともメディア等に受けるように活動するのか、、、選択肢はたくさんあります。自分たちのやりたいことと、ちゃんとマネタイズを考えることの最適解の上で芸術性を出すということが、現代の音楽における芸術の部分なんじゃないかなーと思います。
もちろん「マネタイズとか関係ねえ、やりたいことをやる」っていうのも全然ありで、僕としては芸術ってそういう自由なものだと思いますし。
ただし、アイデアは「死にアイデア」と「生きアイデア」があるんで、その辺もちゃんと考えたうえで具現化していきたいですよね。



さて今回はこの辺で。
ではまた。



 

どうも佐々木です。
細々とした作業を全部後回しにしてしまって、顔が青ざめてます(笑) 
モノって作ってる間はすごく楽しいんですけど、、、その熱量を継続するって結構難しいですよね、、、
いい方法はないかと頭をひねっています(笑)


さて今回はタイトル通りのことで、、、
有名になることと売れることがイコールじゃないってことについて考えたいと思います。

有名、ということには二種類あると僕は思っていて

 1、ファンが多いこと
 2、メディア等で認知度が高いこと

これですね。 
もちろん二つともクリアしていれば人気は出ると思います。いわゆる「有名人」的な存在になるということですかね。これすごく最近考えてることで、1と2どちらをクリアしているかで活動方針を変えなくてはいけないなと考えています。順を追って説明しましょう。

1、ファンが多いこと。
これに関してはクリアしている人は結構いるんじゃないですかね。単純に可視化できないだけで、間接的にファンとか、まあ友達だっていうなればファンですね。

2、メディア等で認知度が高いこと
ここですね。なかなかクリアできないこと、、、例えばテレビ、雑誌、有名なネットニュース、、、
ここに取り上げられるだけで認知度的には一気に上がったりしますよね。

さて、問題はこのどちらかをクリアした場合にやらなければならないこと。
言葉としてはどちらも同じだと思っています。それは「営業」。これに尽きます。
「営業」なんていってしまうと「僕苦手なんですよね、、、」とか「俺はアーティストだからしねえよ」なんて言ってしない人って結構多いんですよね。

1に関していうと、単純にメディア関係とか、そういう感じの飲み会とかに潜入することです(笑)
ノリとしては仲良いミュージシャンと飲むのと変わらないんですよね。飲んでる相手が違うから話題が違うだけで、単純にそのくらいしか違いがないんですよ。代わりに営業してくれる人がいないのなら自分でやるしかないだけの話です。正直今の時代勝手に何かが売れていくとか認知されていくってことはおそらくありません。それを自分たちで工夫して発信してやっていく。それだけのことです。もちろん「なんかちがうなあ」って肌感覚は大事にして、「面白そう」と思ったら行くべきです。

2のパターンは逆で、地道にライブチケットの手売りとか、とにかく人と会う。これだけだと思います。もうすでにメディアを通して何をやっているのかは解っている、つまり資料を提出している状態なので、単純にいろいろな人に会って話をするだけで自分の状況を変化させることは可能だと思います。人に会うことが営業になるっていうのはかなりのアドバンテージです。もちろん上記と同じで「肌感覚」は大事になりますが、基本的にはメディアに出ているってだけでだいたいの人には好意的に受け入れてもらえると思います。


さて、この「営業」。慣れるまではほんとに苦痛です(笑)
だから最初は「楽しそうなところ」「面白そうなところ」に絞っていくことが大事だと思います。おそらくある一定の状況になれば嫌でも楽しくない営業をしなければならない時が来ます。それは「仕事」だからです。時代錯誤もはなはだしいですよね(笑)だから「肌感覚」をとにかく磨いていきましょう。言葉としては「営業」と書くとなんかいかついですが(笑)、「遊びに行く」みたいな感覚でいった方が、というよりも「遊び」を「営業」にしてしまえばいいだけなんです。そういう、自分が楽しいことを変換していく力が大事になっていくんじゃないですかね。

どうでしょう。こうやって考えるとそんなに難しくないんじゃないでしょうか。

さて、ここからですね本題は。
「売れる」ってことです。これをどう考えるかです。
単純に可視化できる「収入」をもって売れているとするのか、「仕事」や「メディア露出」をもって売れているとするのか。
というのも、現代において音楽とか芸術って無料化に向かっているというか、以前も書いていますが音楽なんてもうほぼほぼ無料です。ここがアート関連のマネタイズを難しくしているところでもありますよね。
単純に有名だからCDが売れるのかというと、、、もちろん「どメジャー」なアーティストさん方はまた状況が違うんでしょうけど、インディーズは相当難しくなると思います。

そんで、ここからが僕の考えなんですが、一回マネタイズを先送りしてもいいんじゃないかと思っています。どっちにしても最終的にはマネタイズというか収益につなげるために動かないといけないんですけど、その前段階に時間をかけていないというか、そんな気がしたんです。


そのポートフォリオは、仕事を生みますか? 田村祥宏×野間寛貴が若きクリエイターに贈る言葉  | CAREER HACKそのポートフォリオは、仕事を生みますか? 田村祥宏×野間寛貴が若きクリエイターに贈る言葉 | CAREER HACK

そこでこの記事に書いてあることが「おおお、そういうことか!」ってなったんですよ。
最初からマネタイズに走るよりも、その前段階でいかに自分の作風というか、方向性を示せるか。僕はこれがすごく大事だと思いました。僕は五枚目のEPでMVを作ってみました。ブログのトップページにあるやつですね(笑)ある意味で初期投資というか実験というか、そういうのなんですけど、やれることややりたいことは全部やっておこうと。
というのも、もしかしたら「自分の作品」を形にする力みたいなものが大事なのかなと。自分が生み出すコンテンツの力を強化するっていうことは、ある意味自分の考える「売れる」ということへの近道なんじゃないかと考えています。


「売れる」って決して汚い話ではないと思います。
自分の理想像がどうかということが原点だとしたら、そこにたどり着くための過程なんです。理想が高いなら「売れる」という過程が無視できないだけなんです。「売れる」がゴールだとたぶん汚いだけで終わります(笑)
理想に至るための努力という意味で「売れる」ということをとらえてください。そうすれば、今自分が何をすべきかということが見えてくると思います。


今回はなんかちょっと内容があれですね(笑)
もっとふざけたかったんだけどな、、、(笑)
とりあえず今回はこの辺で。
ではまた。

 

どうも、佐々木です。
今日はちょっとね、いろいろ考えなきゃならんなと思いまして、、、
この記事!

Spotify“ú–{?ã—¤‚©‚猩‚¦‚鉹ŠyƒrƒWƒlƒX?V?¢‹I‚ÌŒ»?ó | ORICON STYLESpotify日本上陸から見える音楽ビジネス新世紀の現状 | ORICON STYLE

これねー、結構考えてました。Spotifyについては以前にSpotifyによって音楽配信の答えは出るか?でも書きましたが、個人的には最近どうなんだろうと思ってました。だってねえ、、、結局は大手が勝つんじゃないの?なんてナナメな目線で見てしまったりしますよね。

やっとSpotifyが始まった「世界2位」日本の音楽市場の現状と展望 | nippon.comやっとSpotifyが始まった「世界2位」日本の音楽市場の現状と展望 | nippon.com

この記事では

何事にも慎重な日本人音楽家は、ビッグネームであればあるほどステークホルダーが多いこともあり、新しいデジタルサービスに対しては様子見をするケースが多い。ただ、ストリーミングはパッケージの代替ではなく、むしろラジオやジュークボックスの発展系と捉えるべきサービスだ。新しいユーザー獲得へのプラス面と、YouTubeと違って収益の音楽家サイドへの分配率が高いことが認知されれば、そうしたアーティストの楽曲が提供されるのも時間の問題だろう。
と書いてありますが、僕個人としてはこの考え方でいいんじゃないかと思います。確かにストリーミングサービスってラジオみたいな感じに近いかもしれないですね。生放送とかと組みあわせられるかはわからないけど、そんな感じにしたら面白そう。勝手にランキングとかつけてもいいんじゃないですか?(笑)
マネタイズ面に関してもこれからいろいろ整備されていくでしょうし、確かにラジオと思えば気軽に配信できる気もします。 


そういえば前回noteについて書きましたが、

<br>
DTM初心者はやる気継続のためnote.muから始めるべきって話<br>
DTM初心者はやる気継続のためnote.muから始めるべきって話

サウンドオルビスさんがすごい良記事を書いてくれてました。これはほんとにDTM初心者がやるべきことかもしれません。最初はマネタイズなんて考えないで、とにかく作りまくる!というのはほんとに大事ですからね。技術向上のためにも、、、僕もマガジン作ってみようかな、、、
 

では今日はこの辺で。
またの機会に、、、 

↑このページのトップヘ