どうも佐々木です。

最近は思うところがあり色々なブログを読んで勉強してました。本当にブロガーの皆さんはたくさんの情報を仕入れていて、さらに記事の内容もめちゃくちゃ面白いです。継続は力なりということを痛感させられます。
僕はというとアニメ見たり無意味に漫画を買ってみたりと、情報っていうかネタ集めに必死みたいになっています(笑)もちろん僕がそういうのを好きなだけです。 アニメも古いOVA観たりとか、、、音楽作れよと自分に喝を入れることもなく、ここ数日はそんな感じでした。
ちょっとEPリリースしてから気が抜けてますね。うん、気をつけなくちゃと思ったんですが、、、ふとあることを思ってしまったんですよね、、、

「真面目なことばっかりやってると疲れる」 

もちろん芸術とか音楽に関しては真面目に考えてますよ!これはほんとです!
でもしかしですね、僕は真面目タイムが長いとどうしてもふざけたくなってしまうといいますか、、、というか毎日ふざけていたいんです、、、いやこれはなにも仕事したくないとかそういうことではありません。言い換えるならそう、「ユーモアのある毎日を過ごしたい!」ということです。

世の中そんなに甘くない?では考え方を変えましょう。
「どれだけ毎日の中でユーモアを感じられるか」 
という 考え方でいきましょう。1時間の間に1ユーモアを感じられたらおそらくかなり面白く1日を過ごせると思います。これはかなり楽しいと思います。Twitterはそういう意味でユーモアの宝庫といいますか、僕はTwitterが好きなのでそういう風に思うのかもしれないんですけど。

僕はなんとなく皮肉めいた笑いが好きで、しかもそれが全然嫌味じゃない、痛快な笑いが好きなんです。誰も傷つけずにいて、それでもなお「むふふ、、、」となる面白さ。もしかしたら全然理解されないかもしれないけれど、理解できる人には「あー!そうそう!わかるわかる!」ってなる感じの。

これは音楽にもいえることですが、「あの曲全然よくわかんない、、、」 とか「この曲歌詞がいいよねー」とかありますよね。そういう共感できるものって個人によって全然違うし、例えば「クラシックもアイドルもバンドも演歌歌手も全部好き!」っていう人もいるかもしれない。なんとなく好きってものもあれば、めちゃくちゃ好きってものもあるでしょう。

そういう意味では音楽も笑いも基本的には同じ構造上にあるもの、いうなればエンターテイメントなわけですよね。もしかしたら「お前は笑いをわかってない!」とお叱りを受けるかもしれませんが、 一表現者として僕はそう思います。真面目な音楽とふざけた音楽があるように、真面目な笑いとふざけた笑いがあるように思っています。ここでいうふざけたとは不真面目なことではなく、「ユーモアのある」という意味です。ユーモアはとにかく好みがわかれるので多用されないだけだと思っています。

というわけで、今後僕の目標としては

「いかにふざけるか」

ということをやっていきたいと思います。たまには真面目なこともやりますけど、、、基本的には全力でふざけます(笑)真面目な記事は本当に質の高い方々がたくさん書いていらっしゃるので、ぜひそちらを参考にしていただけたらと思います。だいたい僕は作曲理論とかもいい加減なんですよ(笑)こんな感じでいけば雰囲気でるよね!みたいな発想なんで、ほんとに参考程度にしかなりませんし、、、僕の作曲関連の記事を読んだ方はわかると思いますが、2コードで曲を成立させようなんてもう暴論ですよね(笑)

まあ僕のブログのテーマとしては芸術家とか音楽家が職業として成立するかってことではあるので、そこら辺の活動報告は真面目にやりつつ、あとは如何様にふざけていくかってことで、、、(笑)
ともかく自分を解放していこうと思います。真面目なことばっかり考えてたら記事が書けなくなってしまったので、、、ほんと、自分に正直にならないと心身ともによくない(笑)


さて今回はこの辺で、、、
ではまた。