遊んで生きる。気楽に生きる。

タグ:ライブ

どうも佐々木です。

最近は作戦会議ばっかりで楽しいです。
今年はいろいろやるつもりなので、今のうちから準備しているのです。楽しいですよ、作戦会議。
そこでやっぱりネックになるのが宣伝、、、ですよね。
特にフリーでやってるアーティストはここが一番頭の使いどころですよね。
というわけで今回は宣伝どうやる?を考えていきたいと思います。


まあ宣伝といってもあんまり難しく考えずにやった方が良いと思っているんですが、、、何とも悩ましいですよね。
最近はやはりSNSを使った宣伝がメイン、、、といいたいところなんですが、正直どのアカウントを見ても似たような告知文になってませんか?僕はそれが結構危険だと思っています。
しかし、Twitterは文字数制限があるので、なかなか難しいところだと思います。最近よく見かけるのは画像を使った告知です。印象に残りますよね。でも、Twitterの情報量ってものすごいのですぐ埋もれてしまいます。ここをどうクリアしていくのかというのが課題でもあります。

例えばFacebookならどうでしょう。FacebookはわりとクローズドなSNSなので告知が埋もれにくい、、、と思いますが、肝心なのは告知文のほうです。Twitterにおいてもそうなんですが、ライブハウスから来たタイムスケジュールをコピペしただけではやっぱり良くないのかなあ、、、と思いました。もちろん有名アーティストさんならそれで充分告知の効果はありますが、うん、残念ながらそういうことです、、、泣

ここでひとつ提案ですが、簡単でもいいので告知動画を作ってみるというのはどうでしょうか?
それこそライブのスケジュールをかなり早い段階で決めておいて、それに向けた活動をするといった形です。
例えば現在1月だとして、

 4月にワンマンライブのスケジュールを組む
 ↓
 そのための告知動画を作る
 ↓
 その間は営業ライブと告知
 ↓
 ワンマンライブ 

という流れですね。Twitterには固定ツイートの機能があるので、動画はそこにおいておけばいいとして、やっぱり集客が気になりますよね。
なのでチケットは地道に手売りしましょう。バンドメンバー4人、箱のキャパが100人だとして、ひとり頭25枚手売りすればほぼほぼ100人はくるでしょう。なぜ手売りかというと、予約だけだと当日キャンセルが多いという経験則からです。先にお金を払っていれば、僕なら絶対いきます。そう思いませんか?

さて、宣伝方法と集客について考えてみました。
どうでしょう、この合わせ技。地道ですがたぶんかなり確実性があると思います。たくさん情報があるからこそ、情報とリアルの合わせ技が大事なんじゃないかなあと最近思っています。
やっぱりどうしても現代的なやり方としてSNSに頼りがちですが、もしかしたら今一番強い集客方法はそういうリアルの中にあるのかもしれません。僕はそう信じたいです。


さて今回はこの辺で。
ではまた。

 

【業界初】『VRカラオケ』新宿歌舞伎町1号店でトライアル開始!|カラオケまねきねこ【業界初】『VRカラオケ』新宿歌舞伎町1号店でトライアル開始!|カラオケまねきねこ



どうも佐々木です。
なんですかこれは!!!

VRカラオケとかもう恐ろしいですよ!!
ついにこの日が来てしまったという感じです。

さっきテレビを見てたらVRでアイドルのライブが体験できるとかなんとか、、、握手とかもしてましたよ?
ほんとこの時代に生きててよかったと思います。すごく面白い!!

KDDIのVRカラオケを初日に体験、実写VRの商用化への課題を考えた(訂正) - Engadget JapaneseKDDIのVRカラオケを初日に体験、実写VRの商用化への課題を考えた(訂正) - Engadget Japanese

この記事でも書かれていますね。カメコが、、、いや、そんなことよりも記事中の


筆者はアイドルのファンではないが、もし、魅力的なコンテンツが出てきたらお金を惜しまないというファンの気持ちはわかるつもりだ。KDDIや、シダックス、ポニーキャニオンだって、そういうファン心理と懐を理解しているからこそ、このような事業をするのだろう。だが、できれば実施に関わった各社にはそれに甘えてほしくない。VRってもっとすごいモノなハズだ。どうせやるならもっと「おおっ!」と思わせるようなものを、これからのVR関連での事業に期待したい。

この一節には共感しかないです。たしかにVRってもっとすごいはず。僕もそう思います。絶対こんなもんじゃないと思えるんですよね、、、これからは本当にVRを使ってライブする時代が来るんでしょうね、、、そんな予感しかしません。




これはホログラフだけど、要はこれが自宅にいても体験できるってことでしょうか。それってめちゃくちゃすごいですよね。 アバターつくってVRでライブに行くみたいな感じになるとか、、、考えるだけでワクワクします。やばいっすね。いまは想像だけですが、、、生きてるうちにマクロスプラスの世界を体験したいですね(笑)


今回はこの辺で!
ではまた! 

gatag-00000979
今日もほんのりやってます。佐々木です。
さて今日は今後のライブに注目して記事を書いていきます。ライブでの収益が騒がれて久しいですが、ほんとにそうなのか考えたいと思います。

一時期より落ちてるんじゃないの?

これは僕の考えですが、CDの売り上げが落ちた→ライブの収入が増えた!じゃなくて、CDの売り上げが落ちた→相対的にライブの売り上げが上回った。というのが正解じゃないのかと考えています。「現状の」CDの売り上げと比較すればライブの収益が上回っているのはなんとなく予想がつきます。結局のところ絶対数はやはり落ちているんじゃないでしょうか。そう考えると、ライブで収益を!というよりやはり体験をマネタイズするという感じになってきているような気がします。

新しい!お堂でライブ! : 職業:音楽家新しい!お堂でライブ! : 職業:音楽家


この記事を自分で書いたときに思っていたのですが、やはりライブ体験というのがある意味でのキーワードになってくるのかなと。


VRでのライブ


今僕はVRによるライブ配信にめちゃくちゃ注目しています。

これからのVRビジネス、5つの類型 - VR WatchこれからのVRビジネス、5つの類型 - VR Watch

まだ家庭用が普及していないし、単価が高いプラスインフラが整っていないことを考えるとかなり先のビジョンですが、僕はVRでライブする時代が来ると思っています。会場費がかからないのはかなり大きいと思います。あとはARによるライブ体験の拡張がオプションになると思います。すでに初音ミクのライブがそんな感じですよね。要はあれが発展していくんだと思います。もっと、、、マクロスプラスのシャロン・アップルのコンサートみたいになっていくんじゃないかと。



とりあえず現状

なんだかんだ言っても現状いきなりVRやARは発展しませんので、なにか策を講じる必要があります。


音楽業界の救世主となるか!?ライブ定額サービス「sonar-u(ソナーユー)」 | サービス業 | スマビ総研 | SmaBI - 起業・スマートビジネス応援プロジェクト音楽業界の救世主となるか!?ライブ定額サービス「sonar-u(ソナーユー)」 | サービス業 | スマビ総研 | SmaBI - 起業・スマートビジネス応援プロジェクト

なんとなくこういうマッチングサービスが音楽においても進んでいくのかなーと。個人の意見としてはもう少し先にこういったサービスからなにかバズって行くんじゃないかなと思います。



正直な話なんにも予測がつきません。僕たち音楽家が何らかのアクションを起こして、その結果をただ受け入れるしかないのが現状です。やはり継続と追求しかないのかなと。精神論じゃなくて、あくまで理論的に。アクションと失敗の繰り返しがフローになっていくのかなあなんて思います。一緒に頑張りましょう!


では今日はこの辺で。
またの機会に、、、


↑このページのトップヘ