遊んで生きる。気楽に生きる。

タグ:働き方

どうも佐々木です。
ちょっと気になるニュースを見つけました。

 週休2日、8時間労働は時代遅れ――“IT国家”発の次世代型人材サービス「Jobbatical」 - ITmedia NEWS 週休2日、8時間労働は時代遅れ――“IT国家”発の次世代型人材サービス「Jobbatical」 - ITmedia NEWS


おいおいまじかよと、、、、

旅するだけじゃ物足りないーー世界30ヶ国以上のスタートアップで短期仕事が見つかる「Jobbatical」 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)旅するだけじゃ物足りないーー世界30ヶ国以上のスタートアップで短期仕事が見つかる「Jobbatical」 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)


2015年にも記事になってました。
ノマドワークとかそういうのとも性質が違うようですね。
これはすごく面白いというか、日本じゃなかなかない価値観ですよね。そもそもバカンスがないから。


世界を歩き回るGlobal Trotterたちは、自由な時間を大切にするが、その自由は自身のアウトプット次第ということも理解している。つまり、自由を得るために、決まった時間内で自身の責任を果たすというマインドを持つ。

 このため、Global Trotterたちは週休2日や8時間労働という概念にとらわれることなく、自由を得るために高い生産効率を実現してくれる。

 このような労働マインドの変化は、Global Trotterだけに見られるものではなく、日本国内でも少しずつ浸透しているような印象だ。週休2日や8時間労働など既存の枠組みではなく、オンデマンドに好きな場所で好きな仕事をする。その代わり課された責任はきちんと果たす。


僕個人的にはこういう考え方大好きなんですけど、、、もちろん業界によっては相当ハードルが高いでしょうね。こういう働き方をしたいならそういう業界に行くのが一番ということかもしれません。


とはいえ、こういう働き方がこれから浸透して来れば、こういう思想や思考に合った仕事が生まれてくる可能性ももちろんありますよねー。そういうのがめちゃくちゃ楽しみです。ライフワークとライフワークを組み合わせるみたいなことも可能になってくるんじゃないかと思いますね。


例えば、、、

普段は地方で農家として野菜を育てているけど、畑のできない時期、例えば雪がめちゃくちゃ降る地方とか、あるいは畑が一つしかなくて、一年畑を休ませる時とか、そういう時に別スキルとしてプログラミングができるとかなら、こういうサービスは活かせるのかなあとか。

これなら複業という観点で言えばすごくやりやすくなるんじゃないかなあと。
もちろん日本にこういうサービスが受け入れられるかどうかは不明ですが、あったらすごくいいと思いますねー。たぶん僕は実家の畑で農家やる(笑)これなら実家で暮らしてもいい(笑)
もちろん人脈も増えるので企業のきっかけとかにも繋がりそうですよね。


いやー面白いっすね、、、
ライフワークだけで生きていけるようになるかもしれないなら、それはすごく幸せなことだと思いませんか?僕は期待してしまいます。楽しく生きていたいので。


さて今回はこの辺で、、、
ではまた。




どうも、佐々木です。
僕が読んでるブロガーさんたちは結構このテーマで記事を書いてまして、、、僕も一度これについて考えてみようと思い立ったが吉日ということで、今回はタイトルをね、、、こう、なんというか、考えていこうと(笑)
さて、ふわふわしてますが書いていきます(笑) 


何の気なしに僕たちは基本的に働いています。働く意味とかを考えるよりも先に労働を刷り込まれます。なんのために働くのかとか、働くことに意味を求めようとするとなかなかうまく適応していけません。あ、個人的な経験からですけどね。まわりを見渡すとみんな器用だなあと、うらやましくなったりします。
僕はもう通勤電車はTwitterを見るための時間でしかないです(笑)もうあんまり頑張って勉強しまくってもどうしようもないし、必要なものは取り入れればいいとして、不必要だと感じるものは切り捨ててもいいんじゃないかなって思うようになりました。だってねえ、国民的アイドルだってアイドル辞める時代ですよ。なんかが大きく変わろうとしてるんじゃないですか?時代というか、空気というか、そういう目に見えないものが大きく変わろうとしてるんじゃないかなって思いますよ。働き方とか生き方とかもそれに呼応して変わっていくんだろうし、先なんて全く見えないって感じですよ。


小説の未来と作家の未来 —— 吉本ばなな×はあちゅう対談(後編)|これからの作家の生きる道ーー吉本ばなな×はあちゅう|吉本ばなな/はあちゅう|cakes(ケイクス)小説の未来と作家の未来 —— 吉本ばなな×はあちゅう対談(後編)|これからの作家の生きる道ーー吉本ばなな×はあちゅう|吉本ばなな/はあちゅう|cakes(ケイクス)

とまあ、おろおろ思いのたけを書きましたが、昨日Twitterでこれを見つけましてね、、、
最近はあちゅうさんのブログも読んでみたり、吉本ばななさんの小説は元から持ってましたが、なんだか記事内でも言ってるようになことって僕らみたいな音楽家にも言えることだなあと思います。

だからこそ、本当に書きたい人にしか続けられないですよね。自分しかいないから、継続力のある人が残っていく。

はあちゅうさんの言葉ですが、まさにその通りだなと思います。
やりたいことを継続していく。これがこれからの作家なり芸術家や音楽家がやるべきことなのかなと。まあそのためにどうしても最初はライスワークをしなきゃいけなくなるから、下積み時代ってやつですか?まあそれすらも昔とはかなり変わってきてると思いますけどね。

僕は今派遣社員をやってますが、何かしたいと思って行動してる人って結構いて、なんだか勇気づけられます。もうなんか自由なんだなあと。いろいろ。自由なら吉本ばななさんにあやかって僕もエッセイ書いてみようかなあと放置していたnoteアプリを見ながら考えたのでした(笑)
 
生活のために働くってことだけだとなんだか息苦しくなっていくような気がします。いまや誰もが発信できる時代ですしね。今を楽しむためにも自分が楽しめることを見つけていくのがいいんじゃないかなあなんて思います。


さて今回はこのへんで。
ではまた、、、
 

↑このページのトップヘ