遊んで生きる。気楽に生きる。

タグ:現代音楽

どうも、佐々木です。
今回は現代音楽ってやつについていろいろ考えてることを書いていきます。


現代音楽とは?

もうね、見出しがふわっふわ!こんなん誰もわからんて!みたいな感じですよね(笑)実際Wikipediaとか見てもよくわかんないですからね(笑)「無調への傾倒」とかね、難しいっての!というわけで何か一曲例を出しましょうか。





僕のおすすめですね。羽田健太郎さんが弾いてるやつ。これはめっちゃ美しいですね。ドビュッシーは現代音楽とかに分けられてる音楽の中でもかなり解りやすいのかなーと思って例に挙げました。なんか聴感的にこういう感じの音楽が現代音楽に分類されているようですね。無調とか不協和音とかそんなに感じないけどなあ、、、という方は




これですね。もうこれは不協和音とかバンバン使ってますね。かなり難しい音楽です。こういうのはより現代音楽っぽい感じですね。定義としてはこんな感じのが現代音楽、、、といったん分類しておきましょう。

最近のは何かないのか

最近の現代音楽っぽいのは




やっぱりジェイムス・ブレイクかなーと。こういう音楽ってやっぱり海外発信が多い気がします。そういうのが受け入れられる文化がしっかり根付いてるというか、音楽が娯楽以上の何かになってるんでしょうね。多分これって現代音楽じゃなくてポップスの分類になってるんじゃないですか?日本だとあんまりないですよね、こういうポップス、、、というか、歌モノですかね、こういう感じのってやっぱり売れないからなのかなーと邪推してますが、、、ほんとはどうなんでしょうね。言語の問題とか、考えればいろいろありそうですけど。


これからの現代音楽

DTMとか制作環境の進化によって音楽がとても気軽に作れるようになりました。今も世界中で新しい音楽ができています。これによって、これからの音楽はより細分化したり多様化していくのかなと思います。音楽に関しては価値観すら変わってきてるように感じます。もしかすればジャンルなんて概念はなくなっていくのかもしれませんね。もうほんと全然先がわかりません。特に現代音楽とかってそもそもふわふわしてるので、余程の権威主義な世界でない限り相当な多様化を見せていくと思います。もっと自由な世界になってくのかなあと。


うーん、現代音楽ってジャンルどうなんですかね。とっつきにくくなってるだけのような感じもありますし、ほんと全くよくわからなかったですしね(笑)まあこんなことを考えながら僕も新しい音楽を作っていきたいと思っています。もっとポップスも多様化すればいいのに(笑)


さて今回はこの辺で。
ではまた!

 


images

はい、徐々に更新も慣れてきました。佐々木です。

今日は「小難しくない現代音楽」 その②、取り上げるのは


  バルトーク・ベーラ

ご存知の方もおられますよね!



 


 


有名なのはこのあたりですかね、、、

この人、バルトークさん、かなり民族音楽に力を入れてました。何年も民族音楽の研究に費やしています。自身の出自からハンガリー民謡に寄っているようです。もちろんバレエとかオペラも作曲しています。この人は僕のイメージでは、失礼を承知で言うと、天才肌の秀才って感じです。感性よりも理論で戦う天才型なのでしょうね。正直憧れます。
ただ、現代音楽ってもっとわけわかんないイメージあるじゃないですか?ありません?あるんです!でもこのバルトークさんはすごく理路整然とした曲が多いです。ビシッとしてます。ほんと、僕とは大違いです(´;ω;`)
それももしかしたら新古典主義、ブラームスとかと並べて語られることが多いからかもしれませんね。イメージの問題ですか?(笑)


さて、このシリーズはあくまでも現代音楽のあれです、そう、それです!
なのできっちり現代音楽をポップに語りましょう!
そのカギはこれです!






 


そう!

   

「ミクロコスモス」





やはりバルトークを語るうえでこれは外せない。
バルトーク本人もピアノ科の教授をやっていたことからわかるように、ピアノがとても上手だったようです。「ミクロコスモス」はそんな彼が作った練習曲集ですね。
いやーもうこれはコードの感じといいリズムの派手さといい間違いなく現代音楽!すばらしいっす!バルトークさん!あんた天才や!
ピアノとボーカロイドで聴き比べるとややミクちゃんのほうが周波数の問題なのか、若干細部の動きがはっきりしすぎて不協和音ぽいですね。そこがまた現代音楽の楽しみなんですけどね!!!デュフフ、、、


さて、今日はここまで!
次回はだれにしようかなー(;´・ω・)

ではまた!



ニュースタンダードピアノ曲集 バルトーク ミクロコスモス (1&2) [楽譜] [ ベーラ・バルトーク ]









 

今日は僕の好きな、マニアックと言われるジャンルをいかにわかりやすく解説するかというチャレンジコーナー!
題して

「小難しくない現代音楽シリーズ」





いいですな、この感じ、、、
現代音楽とかってやっぱり小難しいイメージあるじゃないですか?ありますよね?あるんです!
その小難しいイメージによって聴き手が少ないのも仕方ないのです。だってポップなほうがいいじゃないですか。音楽は頭を抱えて聴くものじゃないという何よりの証拠です!

しかし!

今日はそんな現代音楽のために僕がポップに解説しようというコーナーです!
さて、今日ご紹介するのは、、、、!

    
アルノルド・シェーンベルク

名前は知ってるーとかそんな方もいらっしゃいますかね。
さあ実はこのひとがですね

    
「十二音技法」

という音楽語法を作りました。語法なんて言いましたが、ようは音楽を作るときにこれを使いましたよーってなことです。今でいうとミクかリンかみたいなことですね!(笑)
どっちかというとダブステップなのかEDMなのか、、、みたいな話になりますかね。
ともかく、この人は新しいジャンル、新しい作曲法を開発した人です。すごいですね。

じゃあ十二音技法ってなんぞやといいますと、ピアノ鍵盤を想像してください。

edac218d.jpg


これっす!はい、1オクターブに白鍵と黒鍵あわせて12音あります。
もうお気づきでしょう。そう、この12音全部使っちゃえー!ってのが十二音技法!もうめっちゃゴリ押しですね。僕のゲームプレイと同じです(笑)


けれど、ここにたどり着く前にちょっとした寄り道があります。それは

   「無調音楽」

例になるのは






この「月に憑かれたピエロ」という曲がちょうど転換期だったみたいですが、、、歌詞を朗読(みたいにして歌う)していたりするんですが、音楽自体は前衛的でも「歌」の存在がポップにしてくれてますね。え?わかりにくい?まあそういわずに、、、





ちなみにフルはこの長さ!どひゃーですが、楽章みたいな三部構成に分かれているのでこんな長さになるんですね。有名なピアノ曲も「第〇楽章」とかだったりしますから。

しかし、「月に憑かれたピエロ」、、、すごく中二病っぽくていいですね。僕も好きな曲です。かっこいいもんやっぱり!中二病かっこいい!

さてこれ以上解説すると中二病タイトルシリーズになるので、今日はこのへんでさようなら、、、(笑)
このシリーズもゆっくり続けていく予定です。次回もお楽しみに!

では!




[楽譜] シェーンベルク/浄められた夜、月に憑かれたピエロ《輸入スタディスコア》【DM便送料無料】(Verklerte Nacht and Pierrot Lunaire)《輸入楽譜》



★CD/ルネ・レイボヴィッツ/シェーンベルク:月に憑かれたピエロ/ベルク:室内協奏曲/GDFS-24





↑このページのトップヘ