遊んで生きる。気楽に生きる。

タグ:生き方

どうも佐々木です。

倒れました、、、一年ぶりの重いうつ症状です、、、
これは本当にキツイ。


僕は躁うつ病と診断されていたんですが、躁状態とうつ状態を行き来するというのはほんとうなんですね、、、最近調子よかったので、そんなことはすっかり忘れていました、、、


現在はちょっと休職みたいな形になっていますが、とはいってもやることはあるし、時給で収入を得ている身としては働かなければ生きていけないという問題もあります。


うん、とりえず忘れよう



ということで、生活のことはいったん忘れます!
最悪何でもあるじゃないですか、治験とかクラウドソーシングとか!
メルカリで何か売ってもいいわけだし、なんとかなる。僕はもう休む!


正直ね、マジで職場とか仕事とか僕はほんとはどうでもいいんですよ、、、
楽したい、というか、楽しく生きていたいんです。そのための努力はします。


会社に勤めることは義務じゃなくて権利ですよね。
義務にあたるのは納税で、それをするためにお金を得なくちゃいけなくて、そのために権利を行使して、別にやりたくもない就活をするっていうのは僕には単純に耐えられない。そんな「昔はこうだった」みたいな無意味な事のために僕の限りある時間を使いたくはない。

もちろん行きたい業界とかやりたい職種があってとか、そういうのは全然否定しません。僕もアーティストっていう全然食えない道を選んだわけですし、その選択に僕自身が後悔を微塵も感じてない以上絶対にそこは否定しません。


ちょっと話は変わりますが、お金を得ることにルールなんてないんだしそれでいいじゃないかと思っていて、まあよく考えたら働くっておかしいことばかりなんですよ。
サービス残業って言葉全然意味わかんないじゃないですか。だって働いてるのにお金もらえないんですよ?お金もらえないとか遊びと同じじゃないですか。なんならゲーム実況動画やってるYouTuberさんとか遊んでるように見えてお金稼いでますし、もうわけわかんないじゃないですか。


何時から僕たちは雇われることでしかお金を得ることができないと思うようになったのか。
何時から僕たちは遊ぶことがいけないことだと思うようになったのか。
何時から僕たちは風邪をひいても休めなくなったのか。


労働とはなんぞやと


僕たちはもういっかい働くことについて考えないとだめだと思うんです。
極端に言うとどこかに所属しなくても日銭は稼げるわけなので、所属する必要がないんですよ。
ではなぜ僕たちは労働を選択してしまうのか。

たぶん僕の予想ではリスクヘッジの一番簡単な方法だからです。
人間は基本的に身の危険を感じることはやらないはずです。だって生きていきたいから。
つまり資本主義の中で一番確実なのがお金だって話になるんですけど、まあそれはそうだと思うのでそこは否定しません。


じゃあお金持ってたら幸せなのかっていうと、たぶんそうじゃないんだと思うんですよね。
例えば一兆円あったら何に使いますか?って質問をされたら正直想像がつかないと思うんですよ。僕は全然つきません(笑)ぎりぎり想像できて10億円くらいまでです(笑)


というのも、想像できる範囲のお金があれば人って幸せなはずなんです。だって結局税金でゴンゴン目減りしていくんだから、たくさんあっても預金通帳みたらたぶんそんなに幸せな気持ちには慣れないような感じがしてます。

でも10億円あったら今やりたいことは全部できるので、僕は10億円ほしいです。誰か投資してください。ほんとに。


色々踏まえて労働の話に戻ると、結局のところ働くことに何を求めているのかって自覚的な人はうつ病にならないんじゃないかと思っています。まあ正確に言えばなる可能性が低いんじゃないか、という感じなんですけど。

自分が働く理由とか信念を持ってる人はそう簡単にうつ病にはならない。
最初はそうだったとしても、何かのきっかけで迷ったり悩んだりしてうつ病になるってこともあると思うので一概には言えないんですが、疑問を持ったまま働いていたらいつか絶対なると思ってます。
単純に僕がそうだったからというのが理由ではあるんですが。


そういえば今日僕がここで書きたかったのは一言です。


仕事辞めよう


辞めて何がどうなるのかってことは実は誰にもわかりません。
わかるはずないんです。だって未来のことだから。
もちろん辞めた後の自分を想像することはできます。ということは同時にそこにたどり着ける可能性があるということでもあります。この記事で書いたことを前提にするならばですけど。


だからまずは自分を信じてみてください。
きっと仕事辞めたぐらいでは死なないし、ちゃんと考えれば生きて行けるはずなんで。
現状なにも良くならないところにいて幸せになれるとは到底思いません。僕は幸せになりたいです。
僕の幸せはやりたいことをやる、これだけです。


今は一年前より明らかにはっきり未来が想像できているんで、たぶん実現できると思います。


うつ病とも付き合っていきたいので、早いところフリーランスに移行します。
それが僕の闘病の仕方なのかなあと考えるようになれたので。




長くなりましたがここまで読んでくださって本当にありがとうございました。
これからも悩んで考えていくつもりなので、皆さんの参考になれるように生きていきます(笑)


ではまた、、、、


どうも、佐々木です。
僕が読んでるブロガーさんたちは結構このテーマで記事を書いてまして、、、僕も一度これについて考えてみようと思い立ったが吉日ということで、今回はタイトルをね、、、こう、なんというか、考えていこうと(笑)
さて、ふわふわしてますが書いていきます(笑) 


何の気なしに僕たちは基本的に働いています。働く意味とかを考えるよりも先に労働を刷り込まれます。なんのために働くのかとか、働くことに意味を求めようとするとなかなかうまく適応していけません。あ、個人的な経験からですけどね。まわりを見渡すとみんな器用だなあと、うらやましくなったりします。
僕はもう通勤電車はTwitterを見るための時間でしかないです(笑)もうあんまり頑張って勉強しまくってもどうしようもないし、必要なものは取り入れればいいとして、不必要だと感じるものは切り捨ててもいいんじゃないかなって思うようになりました。だってねえ、国民的アイドルだってアイドル辞める時代ですよ。なんかが大きく変わろうとしてるんじゃないですか?時代というか、空気というか、そういう目に見えないものが大きく変わろうとしてるんじゃないかなって思いますよ。働き方とか生き方とかもそれに呼応して変わっていくんだろうし、先なんて全く見えないって感じですよ。


小説の未来と作家の未来 —— 吉本ばなな×はあちゅう対談(後編)|これからの作家の生きる道ーー吉本ばなな×はあちゅう|吉本ばなな/はあちゅう|cakes(ケイクス)小説の未来と作家の未来 —— 吉本ばなな×はあちゅう対談(後編)|これからの作家の生きる道ーー吉本ばなな×はあちゅう|吉本ばなな/はあちゅう|cakes(ケイクス)

とまあ、おろおろ思いのたけを書きましたが、昨日Twitterでこれを見つけましてね、、、
最近はあちゅうさんのブログも読んでみたり、吉本ばななさんの小説は元から持ってましたが、なんだか記事内でも言ってるようになことって僕らみたいな音楽家にも言えることだなあと思います。

だからこそ、本当に書きたい人にしか続けられないですよね。自分しかいないから、継続力のある人が残っていく。

はあちゅうさんの言葉ですが、まさにその通りだなと思います。
やりたいことを継続していく。これがこれからの作家なり芸術家や音楽家がやるべきことなのかなと。まあそのためにどうしても最初はライスワークをしなきゃいけなくなるから、下積み時代ってやつですか?まあそれすらも昔とはかなり変わってきてると思いますけどね。

僕は今派遣社員をやってますが、何かしたいと思って行動してる人って結構いて、なんだか勇気づけられます。もうなんか自由なんだなあと。いろいろ。自由なら吉本ばななさんにあやかって僕もエッセイ書いてみようかなあと放置していたnoteアプリを見ながら考えたのでした(笑)
 
生活のために働くってことだけだとなんだか息苦しくなっていくような気がします。いまや誰もが発信できる時代ですしね。今を楽しむためにも自分が楽しめることを見つけていくのがいいんじゃないかなあなんて思います。


さて今回はこのへんで。
ではまた、、、
 

どうも、どうにか生きています、佐々木です。
今回は久々にいろんな記事を拝見して考えたことを少し。

お金持ち=幸せ?

まあ生きるにはお金が必要です。これは当たり前のことですね。この世界ではだいたいのことはお金で解決できるでしょう、たぶん。でも僕はどうしてもお金で幸せになれるビジョンが浮かばないのです(笑)そこに価値観を見いだせないというか、、、たぶんお金持ちになった経験がないからでしょうね。危機感が足りないからかもしれません。とはいえ、お金にはとてつもない魔力があることもわかります。なんかそういう漫画とか映画結構ありますよね。でもお金持ちが幸せというより、幸せな人がお金持ちというような感覚があります。あくまでお金に関していえばですけど。お金に関する不幸とか知らなければお金に関しては幸せと同義ですからね。他のことで不幸を感じていたらそこに関しては別ですが。



ミニマリスト

そんなこんな考えながらいろいろブログを見ていたら

物を持たない暮らし『ミニマリスト』を目指す、シンプルなのに満たされた生活 | iemo[イエモ]物を持たない暮らし『ミニマリスト』を目指す、シンプルなのに満たされた生活 | iemo[イエモ]

という記事を見つけました。

それとA1理論さんの記事ですね。

働きたくなったら都会のシェアハウス、休みたくなったら田舎のシェアハウス。そんな『時代』を作っていくでござるよ。 - A1理論はミニマリスト働きたくなったら都会のシェアハウス、休みたくなったら田舎のシェアハウス。そんな『時代』を作っていくでござるよ。 - A1理論はミニマリスト

先ほどのtwitterのつぶやきが予想以上に反響があったので、勢いでブログ記事にしてみます。ふと、働きたくなったら、東京でシェアハウス借りて1年くらい働く。で、...




いやー、目から鱗というか、自分がいかにいろいろなものに執着しているのかわかります。試しに読んでみてください。価値観が変わります。僕はおおいにこの考え方に賛成です。だってたのしそうだもん!(笑)

ミニマリストっていろいろな解釈ができると思うんです。でもきっと考え方ひとつでA1理論さんみたいに楽しく生きていけると思うんです。僕はそこに可能性が見えました。


幸福は人それぞれ

ショーペンハウアー曰く幸福とは

「生きていないよりは断然ましだと言えるような生活」

のことだそうです。
これって本当に人それぞれですよね。なので僕はとにかく一回ミニマリストになってみようと思います。僕はミニマリストを「必要最低限の収入で暮らしていける人」だと解釈しているので、まずはそこを目指していく所存です。とにかくは支出を抑えるということが鍵になると思うので、いかに支出を抑えるかを念頭に考えていきたいと思います。



A1理論さんの記事は自分の生き方を見つめなおすきっかけになりました。他の記事も面白いのでぜひ!

過労自殺したくなったらゲストハウスに逃げ込め!今まで悩んでたことがアホらしくなるよ!働くことも!(笑) - A1理論はミニマリスト過労自殺したくなったらゲストハウスに逃げ込め!今まで悩んでたことがアホらしくなるよ!働くことも!(笑) - A1理論はミニマリスト

※個人の意見です昨日、過労自殺した若い女性のニュース記事を読みました。ご冥福をお祈りします。でも、まぁ、こんな過労自殺なんてのは日本企業では日常茶飯事だと僕は思...



僕も頑張ります。
さて今回はこの辺で。
ではまた。


↑このページのトップヘ