どうも今日もつらつらと書いていきます、佐々木です。
今回は久しぶりの作曲論ですね。 メロディとかについてですね。さあ行きましょう。

まずは鼻歌

これです。最初はイメージとかコードとかも大事ですが、鼻歌を具現化することってかなりトレーニングになります。あ、ギターの場合は必ずチューニングをしてください(笑)これ基本です(笑)
なかなか最初は音がとれなくて不安になったりモチベーションが上がらない時期もあると思いますが、こういう体で覚える系の、感覚的な作業といいますか、こういうのは質より量の場合が結構あります。周りから何を言われようとも立派な作曲練習のひとつだと僕は思っています。かくいう僕も高校生の時はこのスタイルでいっぱい曲を作ってはいっぱい曲を破り捨てました、、、(笑)そうこうしているうちに一曲くらいは結構自信作ができます。そうしたら誰でもいいので一回聴いてもらいましょう。何らかのリアクションが返ってきます。それを受け止めるという精神的なあれに慣れていきましょう(笑)
とにかく一回聴いてもらうと自分で不安なところとか「変な音がする」などの意見が出るでしょう。まずはそういうメロディやコードの音を改善していきましょう。理想に近づいていくためには、聴いてもらってリアクションをもらうことが大事になるときもあります。


メロディなんて降ってくるものなんじゃないの?

音楽をやっててこういった質問をされる時が結構あります。
が、正直メロディは誰でも作れます。作り方が解ってしまえばいいのです。だいたい一曲の中で、転調などがない限りは、メロディに使われている音の数は5音~7音ほどです。オクターブを含めばもちろん音数は増えますが、だいたいがペンタトニックスケール(5音)で構成されているといっても過言ではないほどシンプルだったりします。あ、ジャズとかブルースとかの話はいったん置いといてください(笑)あくまで簡単に作曲するための記事ですので!!
というわけで、鼻歌を歌いながらコードを鳴らしていると徐々に慣れてきて音感がついてきます。ここまで来たらあとはいっぱい作るだけです。同じような曲をいっぱい作ってもいいと思いますし、同じコード進行で違うメロディを合わせていくという練習もありです。こうしてやっていくうちにメロディが降ってくるみたいな気持ちや感覚で、作曲できるようになっていきます。実は僕もいまだに鼻歌からメロディを作る時があります。時として計算で作ったメロディよりも「おお、良い!」みたいになる時があってですね、、、音楽って不思議ですね、、、

で結局何がいいの?

個人的な意見ですのですべての作曲パターンにハマるわけではありませんが、僕個人としてはやっぱりシンプルなメロディが聴きやすくていいなあと思いますし、作る時も心がけていますね。メロディのパターンとかもあるんでしょうが、それよりも自分の型みたいなものを構築していったほうがいいと思います。そこにいろいろなものを足していくといいのかなあと、、、
ちなみに僕の思うシンプルの基準は



これですね!!!!!
YUKI 「JOY」、、、メロディはシンプルかつ転調もありコードも構成もおしゃれ、、、名曲ですね、、、ライブでもこんなに再現しやすいんですね、、、めっちゃすげえ!!ってことで、僕の思うシンプルなJ-POPはこれです(笑)アレンジとかすごく勉強になりましたがちょっともう古い部類の楽曲なんですかね、、、うーん。



さて今日はこの辺で!
ではまた、、、