遊んで生きる。気楽に生きる。

タグ:苦しい

佐々木です(^^)/


最近無料と有料については色々と書いていますが、今回もそれに倣って再度無料の意味を考えてみたいと思います。


そもそもなぜそのコンテンツは無料なのか


なんで無料なのかと言われれば、たぶん腐るほど理由が出てきます。

  • 配信が身軽
  • 極論売れなくてもいい
  • 聴いてもらいやすい(はず)

こんな感じですかね。というより僕はこんな感じで思っていました。
しかし現実はどうなのかと言われれば何のことはない、ただのポップアップの広告と変わらないんだなあと思いました。正直飛ばされちゃいますね。



なんでなのか


ここからは僕の推論です。

おそらく、無料であることがある意味当たり前になりすぎて無料であることそのものが摩耗している。無料というのは一種の劇薬で、本来無料それ自体には何の価値もないということが改めて目に見えるようになったということではないかと思っています。


無料の先にあるもの


無料化することは実際に効果があるでしょう。
それがちゃんとした宣伝効果を狙ったものであればですが。
みんな戦略は当たり前に考えています。問題は考えた戦略の中身ではなくパターンの少なさのほうです。ここまで多様化した社会なので、たくさんのパターンが必要になってくるでしょう。よく聞く言葉で言うとビジネスモデルみたいな感じですかね。

いったん僕の中での結論を述べます。

   有料→無料は価値の劣化の耐えられるが
   無料→無料は劣化しようがないため無料状態のまま


価値の劣化がこの問題の肝かなと思っています。
つまり、有料商品を必ず用意する必要があるのではないかということです。すべて無料だとアーティストとしての価値そのものが有料に変化しにくいのではないかということです。断っておくと、あくまでこれは現状の僕の立場からの意見です。そうではないパターンももちろんあります。ですが、そのパターンはあくまで再現性が低いものであり、現状の僕たちの活動はもう少し地味なものであるというのが事実です。


まあ、結局のところ売り方の問題なのかもしれません。
発表することと売ることが同義になっていすぎやしないかという疑念は最近強まってきています。僕はEPを6枚配信で出しているんですが、日本ではほとんど売れません。無料だからでしょうか?それとも質が低いからでしょうか?あるいはそのどちらもでしょうか。



売れないと嘆くよりもどうにかして数字を動かしてみようと思って考えることが重要なのかもしれません。これからも実験ですね。
少なくとも自分の作品にはちゃんと責任を持ちたいと思います。



佐々木です(^^)/

フリーランスのリズムがつかめないですが、ストレスは全く感じません。お金の稼ぎ方を知ってる方は即刻フリーランスに転向することをおすすめします。

さて、どうにも音源が売れないとか問題山積みなので、もうほんとめちゃくちゃ考えることが増えました。考えることが好きなので、僕はこういう働き方が向いてるなあと改めて思いました。まあなんにせよどうにかしてお金は稼がないといけないので、そのことについても頭を使っています。すごく充実しています。


〇〇できない

なんて話をよく聞きますが、例えば何かのコンクールに出るとかオーディションに出るとかはできますよね?


気付きましたか?


できないという人たちは、金賞をとるとかデビューするということまで考えているわけです。そりゃーできないというより難しいですよね。つまり、言い訳というのは恥をかきたくないから出てくる言葉なんだなあと思います。これは恥をかくことに対してみんな慣れてないということでもあります。


ということは、恥をかくのに慣れてしまえばいいんです。

新しいことにチャレンジしたら出来なくて当たり前、無力で当たり前、、、そりゃあそうですよ、やったことないんだもん。当然何もできません。僕だって去年ブログ始めたときは全く何にも出来ずに手探りでとにかく書くみたいなことをしていました。


ただ、そういうことをやっていても実にならないから辞めていった人もいると思います。そういう人たちも当然いるでしょう。当たり前のことです。やりたくないことはやる必要はありません。ですが、一度やると決めたらやりきってみるのもひとつのやりかたなので、とりあえず僕は続けています。


辞めたらそこで終わりです


何でもいいんです。ひとつのことを続けていれば必ず何かあります。それが仕事なのか仕事じゃないのかの違いです。大人が趣味だと笑っていたものが仕事になることだってあります。逆に言うと嫌な仕事も辞めたらそこで終わりです。そのあとのことは関係ありません。終わりです。


楽しいことは続けよう

ってことが今日言いたいことです。
治療のために病院に通う。そしたらそのために午前休とか午後休とか取ってください。仕事なんて楽しくないはずです。行かなきゃいいんです。気分がよくなることだけやってください。それで怒ってくるならそんな会社辞めちゃってください。あとのことはあとで考えましょう。とりあえず死にはしません。そんな簡単に人は死にません。


ほんとにヤバいってなったら頭使うはずなんです。使ってないように感じるんですけど、すごく使います。その時には全部自分で判断して行動してるはずです。多分生きてる感じがすると思います。



うつ病になったんなら従わなくていい


なんでかっていうと、向いてないからです。
納得できないことを続けているからうつ病になるんじゃないかなあと思っています。もうマジでそんなところ早く辞めた方が良いと思います。苦しいことが70年続く人生で幸せなんて見つかりません。僕はそう思っています。



幸せになることを怖がってはいけない


なんか僕も思ってたんですが、幸せになってもいいと思うんですよね、、、
うつ病であることにアイデンティティを感じ始めたら、というか多分そういう人は必ず一定数いると思うんですけど、これは一番危険です。うつ病であるからって人を攻撃していいわけじゃないんで。うつ病は特権とかじゃなくて病気です。自己陶酔の道具ではありません。苦しいのは解ります。でも他人にそれを強要してはダメです。




さて、調子がいいうちに最近思ってることを書きました。
どうしても「自分は病気」だってなって、そこにアイデンティティ感じやすくなるんですけど、、、はっきり言うとこれ中二病のこじらせです。うつ病治ったらきっともっと楽しいはずなんで、治しましょう。僕はいまだに中二病こじらせてますが、かめ〇め波の練習をするくらいです(笑)あと空飛んでみたいなあ、、、FFのクラウドとかね、、、憧れますもんね、、、でもうつ病は治したい(´;ω;`)


最近はこんな感じですね(笑)
割とごちゃごちゃしていますが、ブログやTwitterで思考をまとめています。


通院はとりあえずしないといけないので、これからも闘病は続きますが、、、
これは終わらせるための戦いです。
そう思えば、なんだかいい気分です。


佐々木です(^^)/

顔文字にしてみました、どうですか?(笑)
まあごついタイトルついてますが、無料配信を批判したいわけではありません。もちろん僕も今現在やってますし、必要なことだとは思います。なので、ちゃんと考えましょうってお話です。気楽にいきましょう、、、気楽に、、、


フリーの意味

フリー、多分ここではフリーミアムというのが正しいですか、、、恐らくめちゃくちゃ簡単に言うと「お試し版」みたいなものですかね。そんな感じです(笑)想像しやすいのは、、、スマホアプリの無料ゲームが一番身近かもしれません。プレイするだけなら無料、レアなコンテンツは有料、、、という流れですね。これがざっくりとしてますがフリーミアムの流れです。


フリーと音楽の親和性

最初無料配信が出始めたころはたしかに何かが変わる気がしたんですが、、、牛丼の話と同じで値下げってなると歯止めが効かなくなるんですよね。実際、安いというかタダなのに誰もダウンロードしてくれません(笑)無料の意味ないじゃんと(笑)


まあでも、ということはもしかしたら音楽の価値基準が値段じゃないってことなのではないかなとも思います。良いものは良いって可能性もある。実はそういうことなんじゃないかと感じています。やる気が出てきました。


じゃあどうする


さて、無料が意味ないんじゃねーの?って話になってきたので、ちょっと個人的な意見を述べます。無料の音楽配信そのものがダメなんじゃなくて、無料の先になにも用意されていないのが恐らく大きい問題かなと。つまり無料で聴けるプラットフォーム、例えばYouTubeとかは持っておいて、音源作品は無料の必要はないんじゃないかなと思います。


もちろん音源作品が無料であっても有料であっても問題がないと思います。投げ銭という方法もありますから、正直その辺は自分の活動スタイルで判断していくのがまず考える部分でしょう。


まとめ

そういうわけで、売るハードルが下がったことで聴くハードルが上がっちゃったのかもしれません。そこらへんはこう、うまいこと考えて、やりくりしていくしかないのか、、、と、現状は考えています。無料にするなら商品やサービスをしっかり確定した方が良いと思います。


















さて記事っぽいのはここら辺にして、正直な話をします。

ぶっちゃけフリーダウンロード限界じゃないかと思っています。正直ね、無理。売れねえ。だってそもそも聴いてもらえないんだもん。無料だともう「ああ、よくあるやつね」ってなるのがオチでしょうな。アーティストには若干厳しい時代だとは思いますが、食えてる人もこの世にはいるんだから、同じ人間として不可能ではないはず。

んで、まあ実際どうなのよってなるよね、、、はっきり言うとめちゃくちゃ難しいです。
答えなんかまったく見えません。最適解みたいなものはそれなりに見えるんですが、もう全然わからん。フリーランスなったはいいけど正直詰み待ったなし。とはいっても、なんとか食っていかなきゃいけないのでもう必死です。頭焦げ付いてますよ(笑)


僕個人的には無料音源で全然いいんですけど、それだと食えなさそうなんでまあいろいろ考えてやっていきます。個人事業主である以上食うことは何よりも優先しなきゃいけないんで、ほんとは無料だなんだと言ってる暇ないんですけど、どうしてもアーティストとしてはこの辺一回整理しておきたかったんでちょっとした文章にまとめました。途中からボロッと現実的なこと書いてますけどね(笑)


「聴く」行為と「買う」行為は別です。まずは聴いてもらうところから始めないといけないから、そこは敷居が低くてもいいと思うんですけど、、、買うときには多分迷わず買うから、そこは敷居高くてもいいのかなあと思います。売り物が何なのか。それがちゃんと解れば問題ないのかなあと。




さて、いっぱい書いちゃったんでここらへんで。
また次回!!


↑このページのトップヘ